カテゴリー「Campgrounds」の40件の記事

2012年5月21日 (月)

キャンプ場探し

1日かけてバリ島の北部から中央部にかけてキャンプ場探しに行ってきました。

・北部のアイル・サニにキャンプ場があると聞いたのですが、みつからず。

・ギットギットの滝の近くでキャンプ場の看板を見つけたのですが、みつからず。

・以前ネットで見つけたブヤン湖のキャンプ場は水かさが上がって水没してました。
地元の人の話では「もう2年ぐらい前からずーと水没してる」とのことでした。

Camp_010

Camp_020

・ここは島の中央部、ブヤン湖より少し南側でようやくちゃんとしたキャンプ場を見つけました。

B.O.F (Bali Outbound & Farmstay) という名前です。
海抜1020m、気温は24度で湿度も低いので快適にキャンプできると思います。

Camp_030

テント、マット、シュラフのレンタル料込みで、4人でRp.250,000(約\2,500)、6人でRp.300,000(約\3,000)です。 テント持ち込みの場合は上記の25%だって。
自力でキャンプするなら予約無しでOK。予約すれば食材も用意してくれるし、なんなら食事も作ってくれるそうです。
釣り堀、鹿やウサギと遊ぶコーナー、アスレティックもあります。

Camp_050

10人まで宿泊できるヴィラも1棟あります。1泊 Rp.1,50,000(約\15,000)です。
HPにはいろんなアクティビティが書いてありますが、ATVのレンタルは現在は稼働していないとのことだったので、他のアクティビティに関しても要問い合わせです。

Camp2010

馬にも乗れます。

・このあと、バトゥ・カルゥのキャンプ場を探しましたが、みつからず。

結局5カ所探して、見つかったのは1カ所でした。

まあ、バリ島には有り余るほどアコモディションがあるし、安いロスメンは1000円くらいからあるので、わざわざテント張ろうなんて物好きはいないのかも知れません。(その割りにはホームセンターでは必ずテントとシュラフ売ってる?)
それともローカルの連中は、山奥やジャングルで本気のアドベンチャー・キャンプしてるんだろうか?

ワタシはRei-kunの学校が休みになったら、自転車積んでB.O.F.にキャンプしに行きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2011年4月25日 (月)

バリ島のキャンプ場 - Tempat Kamp di pulau Bali -

バリ島に行ってもオートキャンプがしたいと思って、テントやIGTなど引越コンテナに入れました。

バリ島のオートキャンプ場を調べてみました。もちろん "Auto Camp Bali" なんてググっても出てくるはずありません。

インドネシアにオートキャンプ場なんて概念がありませんから。

Flickr!でオートキャンプしてるっぽい写真を発見しました。ブヤン湖のほとりのようです。

「ブヤン湖畔のキャンプ場と思われる写真」

Buyan1

Buyan2

Buyan3

Buyan4

Buyan5

Buyanlakecamparea600x449

タンブリンガン湖にもあるようですが、写真は発見できませんでした。

また、バトゥール湖畔にもキャンプ場があるようです。

「バトゥール湖畔のキャンプ場と思われる写真」

Batur1

Batur2

水場、トイレなどどうなってるのかはわかりません。標高が高いので寒いかも?近いうちに行って見てレポートします。

もちろんアグン山中とか、ジャングルの中とか、どこでもキャンプは出来るでしょうが、野生動物の危険や、霊的な危険?はあるかも?

おとなりのプトゥさんは山岳ガイドもしているそうで、いずれそういう野性的なとこを案内して頂きたいと思います。

「アグン山岳サイクリングと題された写真」

Abangcycling

こんなことできたらいいなぁ。

海外のキャンパーの皆様、写真無断転載してごめんなさい。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (8)

2010年9月14日 (火)

JCML全国ミーティング 11-12 Sep. 2010


今年初めてのキャンプです。JCML(ジープチェロキーメーリングリスト)の全国ミーティングで
朝霧ジャンボリーへ行ってきました。

朝霧ジャンボリーに来るのはもう9回目です。

Rei-kunは紙飛行機大会と、1年ぶりに会うSyu-kunと遊ぶのが楽しみで、この日を指折り数えてました。

ハリラヤ・イドゥル・フィトゥリの翌日なので、ルバラン料理をタッパーで持って行くことにしました。
毎年模擬店も出るし、今年は昼間から食べられるし。現地で料理しない手抜きキャンプ!?。

出発は5:30の予定。先週の台風の影響が残る東名を避けて、中央道から行きました。
いつもより少し混んでました。

着いてまずビックリ。ZJ仲間だった ダーク石井さん のクルマがWHに!
今回ZJはウチを含めて2台だけでした。さびし.....。

8時ごろ到着。受付です。
それぞれ、手持ちのパーツを販売したり。
毎度おなじみ ダーク石井さん のタコス屋さん。
XJの方々は健在です。毎年カスタムが熱くなる。
カラフル。
いろんな世代のJEEP。
会場風景。ランステでかいよね。ひとりで場所取ってごめんなさい。
Rei-kun、たのしみにしてた紙飛行機大会にエントリー。昨年は優勝でした。
予選で1位。
決勝も1位でした。景品を選ぶ。
まけちゃて泣ちゃったSaya-chan。
とにかく暑かったです。少しでも多く日陰を作れるようにランステをレイアウト。
WJにお乗りの Kenta-kun & Ryuta-kun ご一家がいらして、ダーク石井さん のWHと3世代のグラチェロ並べました。
赤い方は ダーク石井さん に頂いたブヨよけ線香。
Rei-kun、今日はホントによく遊んだね。
今回は現地では料理もせず。Mamaも一日のんびり。持参した、オポール、ルンダン、ドジョウ・ゴレンなどをご近所にお配りして。
そしたら、おかずのお裾分けがいっぱい。
あんなに遊んだのに早起きなRei-kun。
夜分すこし雨。朝はさすがにちょっとひんやり。
朝のランステ。夕べは広げっぱなしで寝ちゃいました。
双子の Kenta-kun & Ryuta-kun。
Rei-kunはSyu-kunにバトスピ・カードをいっぱい頂いちゃて。
恒例のジャンケン大会。Rei-kunの狙いはガンプラ。でも負けて泣きました。
大人もエキサイトしてます。
と、いうわけで今年も楽しませて頂きました。
最後にグラチェロ3家族で記念撮影しました。

晩のおかずをお裾分け頂いた皆様、おいしかったです。ありがとうございました。
幹事の皆様ありがとうございました。

のんびり撤収して本栖湖のそば屋さんでそば食べて帰ったら、中央道は大渋滞。
久々にはまりました。


朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
電話:0544-52-2066 E-Mail:camp@asagiri.net
URL : http://www.asagiri.net/ac/pages/ac_home.html

また行きたい度:★★★★★

過去の記事
8回目 5-6 Sep. 2009 Iサイト
7回目 6-7 Sep. 2008 Iサイト
6回目 2-3 Aug. 2008 Mサイト
5回目 SPW朝霧2008 Nサイト
4回目 15-17 Sep. 2007 イベント広場
3回目 19-20 May.2007 Mサイト
2回目 23-25 Mar.2007 Mサイト
1回目 9-10 Sep.2006 I サイト

今回の支出
キャンプ場1泊\3500合計 \3,500
ガソリン275km 7km/L = 39.3L x\134合計 \5,266
高速道路首都高\1,130 中央道\1,600合計 \2,730
総計 \11,496

往路 : 山手通>富ヶ谷IC>河口湖IC>国139>県71>国139>朝霧ジャンボリー (135.1km)
05:37自宅(品川区)発 
07:51朝霧のKマート着自宅から 02:14
07:58朝霧のKマート発 
08:04朝霧ジャンボリー着自宅から 02:27(走行時間)
復路 : 朝霧ジャンボリー>国139>河口湖IC>富ヶ谷IC>山手通>自宅(151.7km)
13:43朝霧ジャンボリー発 
14:01本栖湖のそば屋着 
14:42本栖湖のそば屋発 
18:37自宅着本栖湖のそば屋から 03:55、朝霧ジャンボリーから 04:13(走行時間)



大きな地図で見る




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (2)

2009年10月28日 (水)

とやの沢オートキャンプ場 24-25 Oct. 2009

10月24-25日、チェロキー仲間のだ~く石井さんと道志のとやの沢キャンプ場へ行ってきました。去年新戸キャンプ場でごいっしょしたSho-kunご一家もいっしょです。

今回は8時30分に出発して、御殿場周りでとやの沢キャンプ場を目指しました。

御殿場~山中湖はだいぶ渋滞しましたが、ちょうど紅葉が見頃でした。

とやの沢キャンプ場はその名のとおりサイト脇に沢があります。
夏だったら気持ちよさそうです。
ここがサイトです。3家族で1サイト使いました。
Sho-kunご一家のテント。スクリーンタープと一体型です。
ウチはリビシェル+インナーテントです。
だ~くさんはランステ+ランブリ。ランステのガゼボ張り。
だ~くさんのテント後ろ姿。
サイト全容。
あいかわらずきれいなだ~くさんのグラチェロ。
サイトに紅葉がありました。
さっそく食事の準備。
Mamaがつくったお昼の準備。これにピーナッツソースをかけて食べます。
だ~くさん作。スタッフドチキン。
おいしい?うん。
火遊び開始!
だ~くさんにルンダンの作り方を説明するMama。
ルンダンの材料。
煮込んでます。
だ~くさんの奥様作。ベトナム風生春巻き。
焼き肉の準備も整えて。さあ宴のはじまり...。
翌朝。
ガスってます。
いつもよりスタートが遅かったので、あっというまの1泊でした。意外と寒くは無かったです。

天気はあいにくでしたが、今回もだ~くさんのおかげでおいしい満腹キャンプでした。


とやの沢キャンプ場
山梨県南都留郡道志村長又
0554-52-2729(自宅) 0554-52-1610(現地)

また行きたい度:★★★★ (いい天気の時に是非もう一度)

今回の支出
キャンプ場大人=\900x2 子供=\700 車=\1,000 サイト料=\1,000合計 \4,500
ガソリン250km 7.2km/L = 34.7L x\135合計 \4,685
高速道路東名 東京-御殿場-東京 \2,900合計 \2,900
総計 \12,085

往路 : 目黒通>環8通り>東京IC>御殿場IC>国138>国413
08:30自宅(品川区)発 
09:00東京IC通過自宅から 00:30
10:00御殿場IC通過自宅から 01:30
11:20国138>国413(山中湖畔)自宅から 2:50
11:35とやの沢着自宅から 03:05
復路 : とやの沢>国413>県147>国246>国138>御殿場IC>東京IC>環8>目黒通
12:00とやの沢発 
12:50御殿場IC通過とやの沢から 0:50
13:40東京IC通過とやの沢から 01:40
14:10自宅(品川区)着とやの沢から 02:10



大きな地図で見る


お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (2)

2009年9月15日 (火)

房総 Jalan-Jalan 13 Sep. 2009

ラマダンの最中の9月13日の日曜日、房総方面へ行ってきました。

断食開始時刻の40分前、午前3時に起床します。そのまま4時半頃には出発しました。

800円になったアクアラインから館山道路へ入って終点まで。館山の海岸から富士山見えました。

洲ノ崎灯台を目指したら、突き当たりには「お台場海浜庭園」というキャンプ場がありました。雰囲気はちょっと未完成感がありますが、海を望むロケーションは最高でした。再訪候補。

フラワーラインを通って、野島崎の道の駅で休憩。その後海岸で遊びました。

Rei-kunはしばしヤドカリと戯れ、ご機嫌。

千倉の「オレンジ村キャンプ場」をちょっと拝見。一番奥の海を望めるサイトがいいかな。再訪候補。

そして、「大山千枚田」

たわわの稲穂を期待して来たのですが、ほとんどがすでに刈り取られていました。

Rei-kunはしばしバッタと戯れ、ご機嫌。

松伏林道で久々にちょこっとラフロード走行して、「高宕山自然動物園」へ。

Rei-kunはしばしサルと戯れ、ご機嫌。

そのあと「オートキャキャンプ場志駒」を拝見。とてもきれいに整備されたキャンプ場でした。逆に野性味はないかな...。

コンビニで昼食を調達して1時頃には帰宅しました。

館山の海岸にて。
東京湾を挟んで富士山が見えました。
「棒立て」やろうぜ。なのそれ?
野島崎近くの海岸にて。
しょっぱいよ。
ヤドカリいるかな。
「大山千枚田」
彼岸花たくさん。
「高宕山自然動物園」
Rei vs Saru.
フェンスの外にもサルが...。時々他の群れが来るんだって。
さわるな、危険。



お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

JCML全国ミーティング 5-6 Sep. 2009

今年もJCML(ジープチェロキーメーリングリスト)の全国ミーティングで朝霧ジャンボリーへ行ってきました。

今年もプアサ(ラマダンの断食月)で03:05に起床して食事をしてそのまま03:57には出発しました。Rei-kunも自力で起床してくれました。今回はMamaは不参加、初めてRei-kunとふたりだけでキャンプです。どうなることか....。

久しぶりに中央道経由でいってみました。途中、青木ヶ原の駐車場から雲海が眺められました。

ゆっくり来たつもりでしたが06:10には到着。前泊の事務局の方々を起こさないようにそーっと入場しました。

Rei-kunのリクエストで去年と全く同じ場所に設営しました。
快晴でした。夕べは雷雨があったそうですが....。
Shu-kun1年ぶりだね! さっそく仮面ライダーごっこ。
Saya-chan久しぶり! ずいぶんおしゃべりできるようになったね。
Rei-kunと同じ、6歳のMinato-kunともお友達になりました。
なぜ君たちはランステに集まるのだ?
だ~くさんは恒例のタコスやさん。
もりずみさんの海鮮おこげも恒例です。
”お~い始めるよ~”今回のイベントは紙飛行機大会。
商品はこれです。
去年は準優勝、さあ今年は、Rei-kunがんばれ!
子供の部優勝でした。やったね。商品のエアロケット。
JEEPで埋まったIサイトを見て回ります。NASAさんのNewラングラー。
消防隊長イマイさんのZJは京都から。
XJ軍団。
WH、KK、KJと新しいJEEPが並んでます。
こちらもWH、XJ、KJ。こちらのKJ重装備でかっこいい。
親子で参加されたdemminさん17万km乗られたZJを息子さんが引きついだんですって。Rei-kunが免許とるまでZJ持ってられるかなぁ。
Iサイトがほぼ埋まってます。
Saya-chanおいしい?晩ご飯はだ~くさんに100%依存しちゃいました。ありがとうございました。
火遊び楽しい?
ダイヤモンド富士ならぬ ”パール富士” 満月が富士山から昇りました。
朝ご飯はレトルトカレーに食パン。ごめんねRei-kun....。
子供たちは仲良くブランコ二人乗り。
グランドチェロキーだけ並べました。
ZJは6台集まりました。
最後はジャンケン大会。
今年はブレーキパッド頂きました。
みなさんおつかれさまでした。

今年は天候にも恵まれて楽しい時が過ごせました。幹事のみなさんありがとうございました。1年ぶりにお会いした方々、また来年もお会いできることを楽しみにしております。

というわけで、プアサの最中、初めてのRei-kunとふたりだけのキャンプも無事に終了したのでした。


朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
電話:0544-52-2066 E-Mail:camp@asagiri.net
URL : WebPagehttp://www.asagiri.net/ac/pages/ac_home.html

また行きたい度:★★★★★

7回目 6-7 Sep. 2008 Iサイト
6回目 2-3 Aug. 2008 Mサイト
5回目 SPW朝霧2008 Nサイト
4回目 15-17 Sep. 2007 イベント広場
3回目 19-20 May.2007 Mサイト
2回目 23-25 Mar.2007 Mサイト
1回目 9-10 Sep.2006 I サイト

今回の支出
キャンプ場1泊\2500(JCML特別料金)合計 \2,500
ガソリン275km 8km/L = 34.4L x\135合計 \4,640
高速道路首都高\630 中央道\950 東名\1500合計 \3,080
総計 \10,220

往路 : 山手通>永福IC>河口湖IC>国139>県71>国139>朝霧ジャンボリー (123.2km)
03:57自宅(品川区)発 
04:50藤野PA着自宅から 00:53
04:55藤野PA発 
05:44青木ヶ原の駐車場着自宅から 01:47
05:46青木ヶ原の駐車場発 
05:59朝霧のKマート着自宅から 02:02
06:04朝霧のKマート発 
06:10朝霧ジャンボリー着自宅から 02:01(走行時間)
復路 : 朝霧ジャンボリー>国139>県72>国469>裾野IC>東京IC>環8>目黒通>自宅(151.7km)
13:00朝霧ジャンボリー発 
13:05朝霧のセブンイレブン着 
13:13朝霧のセブンイレブン発 
15:55自宅着朝霧のセブンイレブンから 02:43、朝霧ジャンボリーから 02:48(走行時間)



大きな地図で見る




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (8)

2009年8月10日 (月)

七入オートキャンプ場 6-9 Aug. 2009

8月6日(木)から8月9日(日)の4日間、おばあちゃんといっしょに福島県の七入オートキャンプ場へ行ってきました。

おばあちゃんは一昨年始めていった尾瀬にはまって、昨年もお友達と尾瀬に出かけ、「いいとこよ~」とことあるごとに勧めます。Rei-kunももはや1年生、9km程度のトレッキングならできるだろうと、今年の夏のメインイベントは「尾瀬トレッキングキャンプ」にしました。

尾瀬を紹介したページで初心者向けのコースとして、御池駐車場からシャトルバスで沼山峠まで行って、そこから3.4kmの道のりで尾瀬沼東岸のビジターセンターまでの往復が紹介されていました。今回はそれに三平下までの片道1.1kmの往復を加えて全部で9kmのコースにチャレンジします。

特にキャンプ場の予約はせずに、御池駐車場に一番近い七入オートキャンプ場を第一候補にして、混んでたら他へ泊ればいいつもりで出発しました。

10時ごろ七入オートキャンプ場に到着。思っていたよりは少し狭い感じ。でもまだまだ空きスペースはあるので、看板と炊事棟の間に設営。

上河内SAで朝ご飯。Rei-kun全く食べず!
七入オートキャンプ場のホームページで紹介されていた「スーパーアサノ」に寄りました。朝8時から開いてました。
なんだか不思議な雰囲気です。肉やお酒もあります。ほとんどの食材はここで調達できそうです。
七入オートキャンプ場到着。設営完了。毎度同じパターンです。
サイトのすぐ脇は川です。深さはそれほどありませんが、子供の行動には要注意。
お昼はサーディンスパゲティに。下にパスタの下にオレンジを敷くのがミソ。
食休みの後。ミニ尾瀬公園へ行ってきました。「かじか捕り」は15:00まででした。ちょっと出遅れて今日はできません。
夕食は焼き肉。Rei-kunは仲良くなったお隣のテントの Kouki-kun、Yuzuki-chanに花火に誘っていただきました。
ここのキャンプ場は花火の規制はありません。それどころか直火可、イン・アウトフリーです。
白い布で「虫トラップ」を作りました。
今回はゼリーをぶら下げてバージョンアップ。
でも、カブトムシはおろかカナブンさえ来ませんでした。
炊事場は洗剤、タワシ完備。お湯は出ませんが手入れは十分です。
生ゴミだけでなくこういったゴミも捨てられるのはありがたいです。
ご飯を炊いて。
明日のトレッキングのためにおばあちゃんがおにぎりを作ります。

2日目は尾瀬トレッキングの予定。朝の散歩のあと、軽く朝食を食べて、小雨が降っていましたがめげずに出発。

場内紹介ショット。最深部です。トイレは入り口横だけなので、ここからトイレまでは300mくらいあります。
最深部から入り口側を望む。
中央部から最深部方向を望む。
看板付近から最深部方向を望む。
炊事棟。
御池の駐車場です。ここからは一般車進入禁止。シャトルバスで沼山峠へむかいます。
さあバスに乗るよ。
ルームミラーにReiが.....。約15分の道のりです。
沼山峠。朝7:30。いよいよ出発します。
雨降ってきました。
いきなり急な登りから始まります。
滑るから気をつけてね。
森のキノコ。
20分ほど歩くと下りになります。
クマザサがいっぱい。クマもいるそうです。パンダは...。
下りきると大江湿原が見えてきます。ちょっと感動的。
Rei-kun!。
湿原の真ん中で。
薄日が差してきました。
尾瀬沼が見えてきたよ。
Mamaおなかすいた~。がんばって。
コオニユリ。
三本松が見えてきました。もうすぐビジターセンターです。
ついたよ~。休憩だよ~。1時間半かけて3.4kmの道のり。
尾瀬沼の風景。
まだ9時なのにもうおにぎり。
尾瀬沼にはジャガリコがよく似合う。
小休止の後、三平下を目指してさらに歩く。
道は湖岸から森に入っていきます。
尾瀬にはめずらしい植物がいっぱいあります。
三平下到着。
休憩所ではカレーライスやカップラーメンなど売ってます。
帰りはマクロレンズをつけてゆっくりと。
コオニユリとアゲハ
ちょっと休憩。
おばあちゃん、ねころんで尾瀬を堪能。
小川には魚が。
ビジターセンターへ戻ってきました。10時50分。フラットなので正味40分ほどで2.2km歩きました。
宿泊施設、長蔵小屋です。
帰路ではカミキリムシに会いました。
雨降ってきました。
登り道に入ります。
帰りはしんどくて写真ありません。峠では日が差して暑かったのに、バス停へ戻ったらごらんの通り。
温泉に入ってからキャンプに戻りました。肉焼いてます。
茶色の濁流になっていました。

おばあちゃんは3回目、我々は初めての尾瀬でしたが、あいにくの天気でもイメージ通りのすばらしさでした。次回はニッコウキスゲが咲いている時期に北岸ルートで沼尻まで行ってみたいです。

3日目のプログラムはRei-kunお待ちかねの、川で「かじか捕り」と夜の「カブトムシ捕り」です。

翌朝には澄んだ水になっていました。
これはなんでしょう?
朝食の「ピサン・ゴレン」揚げバナナです。
お隣のテントのKouki-kunとYuzuki-chan。おじいちゃん、おばあちゃんと一緒にきていました。今日帰るんだって。
食後のひととき。川を眺めながら。
規模は違いますが雰囲気は戸隠キャンプ場に似てます。
あれ、コットにこんな絵が.....。
このバスタオルを乾かしていたんです。
川で「かじか捕り」開始!
とるぞー!
水が冷た~い。
かじかはどこだ~。
捕った!
コオニユリ。
お兄さんに焼いてもらいます。
焼けました。
うめっ。
そしておそばやさんへ。名物の裁ちそば。
檜枝岐歌舞伎の舞台を見学。
藁葺き屋根の小さな舞台。
観客席は斜面を石段で。猿が何かを抱えて走っていきました。
むかし山姥がいたんだって。
縁切り祈願にハサミを奉納するんだって。
キャンプに戻って、ランステを最大限広くセッティング。
川を眺めながら早めのディナーを。
タコスつくりました。
このあと温泉へ行って19:30に役場前集合の「カブトムシ捕り」に備えました。が、雨! 中止のアナウンスが流れ....。Rei-kunは役場まで轟く号泣。そして役場の方が出ていらしてカブトムシをくださいました。ありがとうございました。

かじかは7匹、裁ちそば堪能。「カブトムシ捕り」は体験できませんでしたがカブトムシはゲットできました。

キャンプに戻るとお向かいにテントを張られていた、「怪しい面々隊」新加入の辰巳パパさんからお誘いが...。管理棟で「怪しい面々隊」の面々とご一緒させていただきました。

イワナのカルパチョ&骨酒おいしかったです。ごちそうさまでした。

4日目は名残惜しいですが撤収です。

のり食うRei
「怪しい面々隊」のヨーダ師匠がナツゼミをくださいました。
撤収作業中はおばあちゃんと遊ぶRei-kun。
降ったりやんだりだったので、ランステは水拭きしてシートでくるみました。14時に出発です。
駒ノ湯に入ってから帰りました。
新品ピカピカだったタイヤはこのとおり。チェロキーくんもお疲れ様でした。

あいにく天候には恵まれませんでしたが、目的の尾瀬トレッキングもできたし、川遊びもできたし、カブトムシもゲットできたし、Rei-kunもおばあちゃんも喜んでくれました。

「怪しい面々隊」の皆様ともお知り合いになれたことだし、是非またニッコウキスゲが盛んな時期に再チャレンジしたいです。

辰巳パパさんまたどこかでおあいしましょう。

檜枝岐村七入オートキャンプ場
福島県南会津郡檜枝岐村燧ヶ岳1306-4
電話:0241-75-2366 , 0241-75-2018(夜間・自宅)
URL : http://www.crowner.co.jp/7/index.html

また行きたい度:★★★★★

今回の支出
キャンプ場1泊車\500x1 大人\500x3 子供\300x1 \2,300 x3泊合計 \6,900
ガソリン660km 8km/L = 82.5L x\135合計 \11,138
高速道路首都高\630x2 東北道(西那須野)\1,700x2合計 \2,330
尾瀬トレッキングシャトルバス大人\500x3x2,子供\250x1x2 御池駐車場 \1,000合計 \4,500
かじか捕り\1,000合計 \1,000
温泉大人\500x3x4,子供\250x1x4合計 \7,000
総計 \32,868

往路 : 目黒通>目黒IC>西那須野IC>国400>国121>国352>七入
05:00実家(世田谷区)発 
06:43上河内SA着実家から 01:43
07:23上河内SA発 
07:45スーパーアサノ着実家から 02:45
08:15スーパーアサノ発 
10:05七入着実家から 05:05 スーパーアサノから 01:50
復路 : 駒ノ湯>国352>国121>国400>国4>矢板IC>中野長者橋IC>山手通>目黒通
14:55駒ノ湯発 
16:50スーパーアサノ着駒ノ湯から 01:55
17:00スーパーアサノ発 
20:30実家着駒ノ湯から 05:35、スーパーアサノから 03:30


大きな地図で見る


お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (4)

2009年7月21日 (火)

内山牧場 18-20 Jul. 2009

今年の「海の日連休」はお隣のMomo-chanご一家と内山牧場へ行ってきました。Rei-kunは17日に終業式を終えて、今日から夏休みです。しっかり5時に起きられました。

5:20に出発して関越練馬ICに6:02分、新座料金所通過は6:07分でした。高速\1,000の影響で混んでます。
途中10分間のトイレ休憩をして下仁田ICを出たのは7:45でした。下仁田ICから内山牧場までは約45分の道のりです。コンビニへ寄ったので8:45の到着となりました。

ついたよ~、あいてないよ~。
道中小雨模様だったんですが、山の上は晴れていました。
早速虫採りへ。
カナブンって何食べるのかな?
設営後は初谷温泉(しょやおんせん)へ。山の中の一軒宿です。濁り湯で、とてもいい温泉でした。
近くのサイトの Haru-kun。子供達はすぐ友達になります。
夜は布を張って「虫集め」を試みましたが、雨と風でダメでした。夜半にはかなり降りました。
翌19日。朝は曇天。「虫採り小僧」は6時から稼働。
内山牧場の周囲は探検する場所がいっぱいあります。景色も最高。
パパが子供のときは木をキックしてクワガタを採ったんだよ。「ボクやってみる!」
「カナブン落ちた!」
「晴れろ~!」
「晴れた~!」
朝ご飯だよ~。
食後も虫採り。
晴れると気温はどんどん上がります。
Momo-chanご一家到着。設営完了。設営時は強風だったので必死で写真ありません。
あらふね湖へ釣りに。.....釣果なし......。
.....そしてお昼の準備......。
コラー、ジェットバッグに座るな~!!
去年来たときは貸し切りでしたが、今回はオートバイの方々も沢山来場して、賑やかに。
くじらのおやま。
子供達は「色おに」や「かくれんぼ」。
暗くなるまで走り回って......。
ボクも......。
雲が染まって.....。
夕ご飯はMomo-chanのリクエストで、オッポール・アヤム(チキン・ココナッツ・カレー)。
Coco-kunも食べる?
夜には晴れて、星がすご~い。でも深夜には強風。
翌20日の朝は、雲の中........。
9時ごろには晴れてきて、11:30ごろまでに撤収完了。記念撮影。
神津牧場へ行きました。
日本の酪農発祥の地だそうです。
こぼすなよ~。
牛の行進が見られました。
帰り道には前回立ち寄ったこんにゃくのお店へ。 位置はN36 14 19 E138 41 24
独特の雰囲気のお店です。でっかいみそおでんが食べ放題。

連休+高速\1,000の影響を危惧して帰りは下道で花園まで....。でも随分混んでました。

カブトムシ採れず、釣果なし、豪雨、強風ありのキャンプでしたが、開放感満点の景色がそれらを補ってあまりある、すばらしいキャンプ場です。Mamaも喜んでくれたし子供達の笑い声を沢山聞くことができました。初谷温泉もお勧めです。”また行きたい度”アップしました。絶対毎年行きたいキャンプ場です。


佐久市振興公社直営 公共の宿山荘あらふね 内山牧場キャンプ場
長野県佐久市大字内山352-1
0267-65-2021

また行きたい度:★★★★★

1回目 May.23-24 2008

今回の支出
キャンプ場1泊 \3,675 x2泊合計 \7,350
ガソリン320km 7km/L = 45.7L x\135合計 \6,171
高速道路関越・上信越道(練馬-下仁田)\1,750、関越道(花園-練馬)\1,150合計 \2,900
釣り2時間 \1,000合計 \1,000
温泉大人\750x2,子供\350合計 \1,850
総計 \19,271

往路 : 山手通>目白通り>練馬IC>下仁田IC>国254
05:20自宅(品川区)発 
06:02練馬IC通過自宅から 00:42
07:45下仁田IC通過自宅から 02:25
08:45内山牧場着自宅から 03:25 下仁田ICから 01:00
復路 : 神津牧場>国254>花園IC>練馬IC>環八>青梅街道>山手通
11:55内山牧場発 
12:05神津牧場着昼食
13:32神津牧場発昼食 01:27
13:57こんにゃく屋着神津牧場から 00:25
14:23こんにゃく屋発休憩 00:26
16:53花園IC通過こんにゃく屋から 02:30
17:43練馬IC通過花園ICから 00:50
18:35自宅(品川区)着練馬ICから 00:52


大きな地図で見る


お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (6)

2009年5月25日 (月)

ネイチャーランド・オム 23-24 May. 2009

5月23~24日は道志のネイチャーランド・オムへ行ってきました。チェロキーのお友だち、だ~くさんのご一家と現地で合流です。

自宅を5:25に出発したら、どっこも渋滞無しで、7:00にはオムに到着してしまいました。もちろん受付はまだ開いていません。

いったん場内まで登って、サイトを物色。金曜から来場されている方もなく、がら~んとした場内。今回は、だ~くさんもランステを張るので、前回の「中沢台」では狭いのではと考え、「白樺広場」に決定して受付へもどりました。

釣り竿をお借りして、岩風呂を予約して、再びサイトへ。先に設営してだ~くさんの到着を待ちました。

見ての通り、クルマもおそろい、幕体もおそろいでした。
でも中身はちょっと違って、ウチのインナーはアメド、だ~くさんのインナーは今回からランブリ4です...............ちょっとうらやまし..............。

「白樺広場」です。4~5家族くらいまで対応できそうです。
今回もランステ+アメドのインナーです。
「白樺広場」からは沢へ降りられます。
沢の横には前回は無かった立派なバーベQハウスが出来ていました。
沢で遊んだRei-kunは予想通りの状況になって戻ってきました。
おしりペンペン。「や~め~て~!」
朝は曇りだったんですが、暑くなってきました。
もう夏模様です。
だ~くさん登場。素早く設営。
Saya-chanひさしぶり~。大きくなった....。
お昼はだ~くさんのタコスとMamaのソト・バソ(インドネシアの肉団子スープ)。その後、マス釣り。
だ~くさんは竿持参。いずれRei-kunに釣りご教授下さい。
つれたよ!
今回はオムの「岩風呂」を予約しました。家族単位で30分貸し切りです。
内部はこんな感じ。森を見渡せます。
「岩風呂」の横には「かやぶき民家」
サイトに戻って夕飯の準備です。だ~くさんはダッジでラムチョップ。ウチはサテ・アヤム(インドネシア風焼き鳥)で。釣ったさかなも塩焼き、ホイル焼きにしました。
サテ焼いてます。子供達は焼き鳥大好き、どんどん食べます。
日が長くなりました、7時をすぎてようやく暗くなって来ました。........このあと突然の豪雨が.....。
夕べはおもいっきり降りました。翌朝は小雨模様。朝の散歩、場内を散策。
「マス池」から「白樺広場」を望む。
場内のあちこちにかわいい看板があります。
「白樺広場」は砂ジャリで水はけがよく、水たまりはありません。
Saya-chanもおきてきて、かわいい赤ずきん。
今回はRei-kunおにいちゃんです。(まんざらでもない様子。)
小雨を見計らって撤収。
帰りはすぐ近くの「水源の森」へ寄って。
おそばを食べます。
前回はここの釣り堀でマス釣りました。おそばと野菜天ぷら美味しかったです。
おつかれさまでした。またごいっしょしましょう。

「白樺広場」は前回使用した「中沢台」よりフラットで下も砂ジャリでペグの効きいいです。沢もマス池も目の届く範囲にあるので、お子さん連れの方には適していると思います。

オムには野性的なサイトからファミリー向けのサイトまで様々な表情のサイトがあるので、これからもまた季節を変えて来てみたいと思います。

毎年朝霧方面で定評のあるだ~くさんのタコスはやはりおいしかったです。夜のラムチョップもやわらくて...。翌朝はポテトを焼いていただき、Rei-kun大満足。重ね重ねごちそうさまでした。Mamaのソト・バソもルンダンもおいしかったよ!サテはウチのキャンプの定番になりそう。

今回はかつてない「くいだおれ」キャンプでした。


ネイチャーランド・オム 「白樺広場」 (3回目) 自宅(品川区)から86km

また行きたい度:★★★★★ (さらに好印象でまた行きたい度UPしました。)

2回目 20-21 Jul. 2008 「中沢台」上段サイト
1回目 28-29 Jun. 2008 「中沢台」中段サイト

今回の支出
キャンプ場大人\600x2,子供\400,テント\1,000,クルマ\1,000合計\3,600
ガソリン190km 7.2km/L = 26.4L \124(ハイオク)合計\3,274
高速道路中央道(永福-相模湖)\950+(相模湖-高井戸)\750合計\1,700
釣り貸し竿\300,ニジマス\300x3匹合計\1,200
岩風呂大人\400x2,子供\200 合計\1,000
総計\10,774

往路 : 山手通>井の頭通>永福IC>相模湖IC>県76>国413
05:25自宅(品川区)発 
05:45永福IC通過自宅から 00:20
06:20相模湖IC通過自宅から 00:55
07:00オム着自宅から 01:35 相模湖ICから 00:40
復路 : 国413>県76>相模湖IC>高井戸IC>国20>井の頭通>山手通
12:35オム発 
12:40水源の森着昼食
13:25水源の森発昼食 00:45
14:05相模湖IC通過オムから 00:40
15:10自宅(品川区)着オムから 01:50


大きな地図で見る




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (5)

2009年5月 6日 (水)

鹿角平観光牧場キャンプ場 2-4 May. 2009

高速道路\1,000がはじまった今年のG.W.キャンプは東京からだと最も渋滞が少ないと予想される常磐道で、鹿角平観光牧場へ行ってきました。

渋滞予想では6:00からと予想されている谷和原ICをその前に通過すべく、4:50に出発。友部SAに6:05に到着。

次の渋滞ポイントとして8:00から予想されていた日立中央ICを、7:30には通過すべく友部SAを6:50に出発。しかし、G.W.恐るべし、NEXCO東日本の予想よりも早い7:20ごろから断続的な渋滞がはじまっていました。

それでも8:20には勿来ICを通過して鹿角平には8:50には到着できました。家から正味3:15でした。

友部SAのトイレにツバメの巣が。季節を感じます。
餅は朝食。
鹿角平到着。クルマは乗り入れ出来ないので、リアカーで荷物を運びます。
ひろ~いね。北海道みたいです。
早速探検。
今回はランステ+アメドのインナー+こいのぼり。
お昼は最近お気に入りの北海道醤油ラーメンで。
インドネシアでは食事には”クルプック=揚げせんべ”が必須。Mamaはサッポロポテトで代用。北海道的風景の中で北海道醤油ラーメン+サッポロポテト。
初めて自分で凧揚げ。
こんなに高く揚がりました。
そのあと15:00ごろ「ほっとはうす・さめがわ」へ入浴に行ったのですが、まだ準備してないとのことで、(18:00頃なら確実とのこと)近くの温泉を教えて頂き、そちらへ向かうことに。
だるまストーブがありました。
達筆でただ「12月12日」と張り紙。うーんなんなんだろう?
そのあと「手まめ館」へ。
地元の野菜、山菜、肉類が売っています。壁一面に生産者の方々の顔写真が。
サイトに戻って。
夕食の準備。
今晩暗くなってから到着予定のお隣ご一家のテントをお預かりして、建てておきました。コールマンのドーム初めて張りました。建てやすかったです。
まだ~。おなかへった~。
早めに夕食を済ませて19:30にお出かけ。
洗い物を済ませてから....。
丘の上の天文台へ。
土星とタイタン、月のクレーターなど見せて頂きました。
お隣のご一家が到着。
半月でしたが、かなり明るい。この夜は6°まで下がり、寒かったです。
おはよ~。
さっそく走り回ります。
子供達がたんぽぽを摘んできました。
レンタルのマウンテンボード。スケボーもやったことないくせに.....。
6年生のお兄ちゃんは自分で引いて登ります。
3年生と1年生はママに手伝ってもらって。
パイルドライバーもおもちゃにしちゃって、ちょっとアブナイ。
子供達が作った、たんぽぽとまつぼっくりのディスプレー。
午後からはみんなで「江竜田の滝」へ行きました。数カ所で滝が見られる遊歩道です。
杉林の林道を歩くと......。
ツツジの向こうに大きな滝が....。
川で石を投げる。
欄干のない橋を渡り。
小さい白い花。
ココで1年生と3年生は滑って落ちる。
次の滝へは行けずにビショビショでクルマへ戻る。
サイトに戻って、お隣ご一家とRei-kunは「ほっとはうす・さめがわ」へ。行く途中でキツネが3匹いたんだって。
晩ご飯はサテを焼いて、焚き火で暖まりました。
おはよ~。
お兄ちゃんはオレンジの皮でイタズラ。
すぐにまねっこ。
鉄砲ダーツで遊んで。
仲良くなったワンコにバイバイ。
おつかれさまでした~。
ちょうどキャンプ場を出発するときに88888になりました。なんか縁起良いかも。

行きは2~3kmほどの渋滞が少しありましたが、帰りは首都高6号向島まで渋滞無し。キャンプ場は夜分ちょっとヤンチャな人がいたり、バーベQコーナーが混み合ったりしましたが、まあGWってことで....。

雄大な風景と天文観察、滝とトレッキングやキツネの登場など、子供達は楽しんでくれたようです。

野生のホンドギツネはまだ見たことがないので、Rei-kunがスゲーうらやましかったromoでした。


鹿角平観光牧場キャンプ場 自宅(品川区)から220km

また行きたい度:★★★☆ (遠さとクルマを入れられない点がマイナス)

今回の支出
キャンプ場テント \1,000x2日 緑化推進費 \100x3人x2日合計\2,600
温泉大人\500x2 子供\300合計\1,300
ガソリン500km 8.6km/L = 58L \124(ハイオク)合計\7,192
高速道路首都高+常磐(三郷-勿来)\1,950(早朝割引) \2,150合計\4,100
総計\15,192

往路所要時間
04:50自宅(品川区)発 
05:20三郷料金所通過自宅から 00:30
06:05友部SA着自宅から 01:15
06:50友部SA発休憩時間 00:45
08:20勿来IC通過 
08:50鹿角平着自宅から 03:15 勿来ICから 00:30
復路所要時間
12:40鹿角平発 
13:15勿来IC通過鹿角平から 00:35
13:18関本着昼食休憩
13:53関本発休憩 00:35
15:23三郷IC通過鹿角平から 02:05
16:13自宅(品川区)着鹿角平から 02:55


大きな地図で見る



お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧