« 世界のウラン産出地に昔からある禁忌 | トップページ | 米国が行った放射能による人体実験を暴いた本 [プルトニウムファイル] »

2012年12月 6日 (木)

Ayam Betutu - ブトゥトゥ鶏

Ayambetutu_000

奇妙なメイクの顔の看板が印象的なアヤム・ブトゥトゥへ行ってきました。

Ayambetutu_040

人気の店なので、何件か支店があるようです。ここはヌサドゥア店。

メニューです。

Ayambetutu_030

Ayambetutu_010

Ayambetutu_020

地鶏またはアヒルのバカール(焼き)、ゴレン(揚げ)、クア(茹でてスパイスソースかけ)のいずれかがメニューの中心です。

Ayambetutu_050

Mamaはクア、ワタシはバカールにしました。

Ayambetutu_060

こちらがバカール

Ayambetutu_070

こちらがクア。

味は......。辛い!辛い!辛い! Mama撃沈。2口のみ。ワタシはなんとか完食しましたが.......。
味覚がそうとう現地人化しているワタシをもってしても辛い!
クアのほうがヤバイです。辛さに弱い方はバカールのほうにして、ここのサンバルは気をつけて。

クアは辛いもの食いに自身のある方、かつスパイスに強い方(のみ)、チャレンジしてみて下さい。(笑

バイパスを空港からヌサドゥアへ向かって、タマングリアを越えて、スーパーイートンを越えて、左側。
BCA銀行までいったら行き過ぎ。


↓ ポチッとしてくださいませ。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

|

« 世界のウラン産出地に昔からある禁忌 | トップページ | 米国が行った放射能による人体実験を暴いた本 [プルトニウムファイル] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界のウラン産出地に昔からある禁忌 | トップページ | 米国が行った放射能による人体実験を暴いた本 [プルトニウムファイル] »