« ヴィラ1号棟工事 その7 | トップページ | 日焼けした自転車 »

2012年7月28日 (土)

イスラムと酒

Moon_010

ラマダンなので、たまにはイスラムの話。といっても敬虔な方からはしかられるかも。

井筒俊彦訳『コーラン』岩波文庫 より

上巻 p117 4-46(43)
これ汝ら、信徒の者、酔うている時には、自分で自分の言っていることがはっきりわかるようにまるまで祈りに近づいてはならぬ。

中巻 p82 16-69(67)
またナツメ椰子の実、葡萄などもそのとおり。おまえ達それで酒を作ったり、おいしい食物を作ったりする。もののわかる人間にとっては、これはたしかに有難い神兆ではないか。

また以下のページも語ってくれてます。
http://d.hatena.ne.jp/musim_durian/20050813/1307014872

故にワタシは節度をわきまえれば飲んでもよいことにしております。

写真は本文とはなんの関係もない前回の満月のときの写真です。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

|

« ヴィラ1号棟工事 その7 | トップページ | 日焼けした自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィラ1号棟工事 その7 | トップページ | 日焼けした自転車 »