« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

Shirley

Anjing_020

Cookieの母、Shirleyです。たぶん6歳です。ウチの隣のコスに住んでいます。

6年前にこの路地に迷い込んできたときは、毛も抜けてLuckyのような酷い状態の子犬だったそうです。

今では路地をしっかり守ってくれる立派なガード・ドッグです。
コスの住人で、犬が大好きなマス・バロンがよく食べ物をあげています。
彼はバリ・トロピック・ホテルの厨房に勤めているので、ホテルのレストランの残り物を持ってきます。
ときにはステーキやハンバーグをあげてます。そのためShirleyはすごく舌が肥えていて、マズイものは食べません。
Shirleyのものごしや仕草がCookieと比べるとやはりかなり大人です。なにごとにも落ち着いています。

Shirleyはもう6回出産してます。そして、まもなく7回目の出産です。
Shirleyの子供達は、コスのオーナーのコミンの実家や、コミンの兄弟の家。プトゥさんの実家、マス・バロンの実家にいます。そして、ウチにも。もはやShirleyはBig Mamaです。


Anjing_010

ついでにチャナン(ヒンドゥーのお供え物)をあさる Lucky の写真。スダ・サンガッ・ナッカールです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

ヴィラ1号棟工事 3D完成予想図

ヴィラ1号棟の3D完成予想図ができました。

Villa1_020

正面です。実際には前に塀があります。

Villa1_030

リビングです。直接プールへ出られます。

Villa1_040

マスターベッドルームです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (2)

2012年5月27日 (日)

朝サイクリング

週末はRei-kunと朝サイクリングです。ヌサドゥアの北ゲートから南ゲートまでビーチの遊歩道を走ります。
クラブメッド、バリビーチ、ウエスティン、ラグーナ、メリア、グランド・ハイアットホテルのプライベート・ビーチを通り抜けて行きます。

Cycling_010

バイパス・ラグーン朝6:30。まだ薄暗かったので、シャッターが遅く、いい感じに流れてます。
Cookieがバリ・ウィス・スパまで送ってくれます。
(それ以上遠くは彼女のテリトリーから離れるので怖くて付いてこられない。)

Cycling_020

一旦クルマでは入れない細い路地に入って、

Cycling_030

プラタマ通りを目指します。

Cycling_040

北ゲートからBTDC(ヌダドゥアのリゾート地域)に入って、

Cycling_050

クラブメッドの門の前を通り、

Cycling_060

クラブメッドと工事中のホテルの間の細道を通ってビーチ沿いの遊歩道に出ます。

Cycling_070

バリビーチホテル。

Cycling_080

ウエスティン・リゾート。

Cycling_090

ウェスティンを出て、ラグーナに入るところ。

Cycling_100

ラグーナ・スパ・アンド・リゾート。

Cycling_110

ラグーナを出てメリアに入るところ。
遊歩道はメリアで一旦終わるのですが、砂浜をちょっと歩くと、実はまた続いています。

Cycling_120

最近牛角ができた、ザ・ベイの脇のビーチ。

Cycling_130

ビーチを離れて、グランド・ハイアットを通り過ぎて、バリ・コレクションの裏側を通り、アヨディアへ。

Cycling_140

バリ・ゴルフの前まで行きました。

Cycling_150

中央ゲートまで戻り。

Cycling_160

交差点で信号待ち。

Cycling_170

混雑している朝市。

Cycling_180

プラタマ通りを通って、

Cycling_190

クルマは通れないプラタマ通りの秘密の裏道。

Cycling_200

秘密の裏道は最終的にバリ・ウィス・スパの横でバイパス・ラグーンに出ます。

Cycling_210

無事に帰宅。Shirley(Cookieの母)が出迎えてくれました。7.5Kmでした。毎週だいたいこのコースです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (2)

2012年5月25日 (金)

バンヤンツリー(菩提樹)の下のマンクー

ウチの路地の入り口にはおおきなブリンギンの木(バンヤンツリー = 菩提樹)があります。
昨年の10月頃のはなし。
夕方の6時半頃、家の前から路地の入り口を見ると、ブリンギンの木の下をオレンジ色の僧衣をまとったマンクーが数人歩いていくのが見えました。

Gg_010


すでに薄暗く、老眼ぎみのワタシはこのとき運転用のではなく、宅内用のメガネをかけていたので、遠くはよく見えるはずがないのですが、彼らの姿はかなりはっきり見えたので、この世のものではないことがわかりました。

地元の方の話では、この路地はブリンギンの木と、そのマンクー、そして行き止まりに置かれた石に守られている、とのことでした。

新参者に路地の守り神がしばし姿を見せてくれたようです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

ヴィラ1号棟工事 平面図

ヴィラ1号棟の平面図です。

このヴィラは3つのベッドルーム+メイドルーム+リビング+キッチン+ガゼボ+2バルコニー+駐車場2台分で, 土地は約200m2です。

Villa1_01

1階です。左手がマスターベッドルーム、右上がメイドルームです。

Villa1_02

2階です。2つのビジターベッドルームがあり、それぞれにバルコニーがあります。

Villa1_03

3階(屋上)はオープンスペースです。ガゼボとパーティスペースになっています。ここからはサヌール方向の海が見えます。天気がよければアグン山も見えます。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

キャンプ場探し

1日かけてバリ島の北部から中央部にかけてキャンプ場探しに行ってきました。

・北部のアイル・サニにキャンプ場があると聞いたのですが、みつからず。

・ギットギットの滝の近くでキャンプ場の看板を見つけたのですが、みつからず。

・以前ネットで見つけたブヤン湖のキャンプ場は水かさが上がって水没してました。
地元の人の話では「もう2年ぐらい前からずーと水没してる」とのことでした。

Camp_010

Camp_020

・ここは島の中央部、ブヤン湖より少し南側でようやくちゃんとしたキャンプ場を見つけました。

B.O.F (Bali Outbound & Farmstay) という名前です。
海抜1020m、気温は24度で湿度も低いので快適にキャンプできると思います。

Camp_030

テント、マット、シュラフのレンタル料込みで、4人でRp.250,000(約\2,500)、6人でRp.300,000(約\3,000)です。 テント持ち込みの場合は上記の25%だって。
自力でキャンプするなら予約無しでOK。予約すれば食材も用意してくれるし、なんなら食事も作ってくれるそうです。
釣り堀、鹿やウサギと遊ぶコーナー、アスレティックもあります。

Camp_050

10人まで宿泊できるヴィラも1棟あります。1泊 Rp.1,50,000(約\15,000)です。
HPにはいろんなアクティビティが書いてありますが、ATVのレンタルは現在は稼働していないとのことだったので、他のアクティビティに関しても要問い合わせです。

Camp2010

馬にも乗れます。

・このあと、バトゥ・カルゥのキャンプ場を探しましたが、みつからず。

結局5カ所探して、見つかったのは1カ所でした。

まあ、バリ島には有り余るほどアコモディションがあるし、安いロスメンは1000円くらいからあるので、わざわざテント張ろうなんて物好きはいないのかも知れません。(その割りにはホームセンターでは必ずテントとシュラフ売ってる?)
それともローカルの連中は、山奥やジャングルで本気のアドベンチャー・キャンプしてるんだろうか?

ワタシはRei-kunの学校が休みになったら、自転車積んでB.O.F.にキャンプしに行きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

なかよし

Cl_010

なかよし。CookieとLucky。

LuckyはよくCookieのしっぽを噛むけれど、Cookieは怒らない。

でも、食べるものを巡ってはよくケンカします。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月18日 (金)

ヴィラ1号棟工事 その1

Const_010_2

天候が回復したので、建売ヴィラ1号棟の現場を見に行きました。
昨日は祝日でしたが、ユンボを入れて基礎工事をしていました。
木の根っこを念入りに掘り起こしていました。
ユンボには「小泉組」って書いてありました。日本からの中古。

Const_020

トゥカン(職人)の住むところも出来上がっていました。こちらでは職人さんは完成まで現場に住み込みが普通です。

Const_030

やっぱりJEEPはこういう場所がよく似合います。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (4)

2012年5月16日 (水)

眺めのいい高台

Atasgwk_020

非常に眺めのいい高台を見つけました。

ちょうどGWKの裏側あたりになります。

Atasgwk_010

ここへ来るには、手前のヴィラで犬に追っかけられたのと、このあとゴツゴツの急坂を下りなければならないのが難点ですが.....。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

ワルン ソルト

Salt_010

JL.ウルワトゥを登って行って、スーパーニルマラの交差点を右に曲がって、バランガンビーチへ向かう道の左側にSALTというワルン(大衆食堂)があります。

Salt_040

Salt_060

ワルンと呼ぶのにはこじゃれております。でもメニューはナシ・チャンプール。ちゃんとワルンです。

Salt_110

Salt_120

ここから選んで、ナシチャンプールを作ってもらうスタイル。この日は2時過ぎだったので、もうだいぶなくなっちゃってます。

Salt_050

Salt_020

お客さんはほとんど白人サーファーのみです。でも価格はおおむね安いです。

学校迎えでちょっと時間が早すぎたときなど、ここでコーヒーすすってます。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

ウパチャラ (地鎮祭のようなもの)

2012年5月11日、当初のもくろみから半年遅れで、ようやく一棟目のヴィラの建設が始まりました。

Start_020


この現場は道を奥まで延ばして、最終的には3~4ベッドルームのプール付きヴィラを四棟建てる予定です。

バリの暦で日がいいからということで、この日にウパチャラ(地鎮祭のようなもの)を行いました。

Start_030


仮設サンガを作っています。

Start_010


設計をしてくれたコマンさんの父上がマンクーで、工事の安全を祈ってくれました。
この日は日本の暦でも大安でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (2)

2012年5月11日 (金)

バリコレ

Balicole_030

ヌサドゥアのバリコレ=バリ・コレクションというショッピングモールのCOCOというスーパーの前で、
アイスクリームを食べます。
チョコミントとかピスタチオとか8種類ほどあって、すぐ向かいにあるバスキンロビンス(日本では31で有名)
の約半値です。
帰りにオバマさんと2ショット。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

犬洗い

Mandi_010

CokkieとLuckyをマンディさせて、Luckyをプールサイドの日が当たるところで乾かしています。
だいたい2~3週に一回マンディさせてます。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (2)

2012年5月 8日 (火)

スーパームーン

Moon_010

5月5日子供の日はスーパームーンでした。

ウチではピザとって祝いました。

こいのぼり出すの忘れた。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

クルマでは行けない道

Rido_010

クルマでは行けない細い道を入っていきました。

ウンガサン界隈には、こんな道があっちこっちにあるようです。

久しぶりに(20年)バイクの楽しさに目覚めそうです。やばい.....。

こんどMTBも持ってきてみたい。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (2)

2012年5月 5日 (土)

動かせなかったサンガ

ヌサドゥアからウンガサンへ向かう道の観光大学の向かいに1部分だけ側溝が道から不自然に離れている場所があります。
道と側溝の間にポツンとサンガ(バリヒンドゥーの社)があります。

Sanggah_000


このような状態。

Sanggah_020



このサンガにはいつもチャナンが捧げられ、線香が焚かれています。道行くバイクはピッと短くクラクションをならして通り過ぎます。

実はこのサンガ、道を拡張するときに移動しようとしたのですが、けが人がでて、亡くなる方も出て、結局動かせずに、側溝の方をサンガをよけて作らざるを得なかったのだそうです。

いまでもみんなこのサンガを恐れて、チャナンを捧げ、クラクションをならして通り過ぎるんだそうです。



日本にもそんな曰く付きの大木とか鳥居とかありますね。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

おねえちゃんのおなか

Onaka_010

あたちLucky。あちなおってきたよ。あるけるよ。
Cookieおねいちゃんはいろいろおちえてくれたからちょっとはちるもできるよ。
まだはちるはちょっとうちゃぎみたいっていわれちゃうけど。
Cookieおねいちゃんのおなかでおちるねするのだいすき。
Cookieおねいちゃんのちっぽかむのもだいすき。
Cookieおねいちゃんはちっぽかんでもおこらないよ。
Cookieおねいちゃんのおちゃらからたべるとおこるの。ごはんはくれないの。
だからあたちはじぶんのおちゃらちかたべない。もっとたべたい。

Onaka_020




にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

トゥアン・カンジュン・マショウマさん

隣のプトゥさんから聞いたプトゥさんのおじいさんの話。

話の前提に、ちょっと歴史の講義です。
1945年8月15日に日本が太平戦争に敗れると、8月17日にはスカルノがインドネシア独立宣言を行いました。
すぐに植民地支配を回復しようとオランダ軍が舞い戻ってきて、インドネシア独立戦争がはじまりました。
このとき、インドネシア全土で約1,000人の日本兵が帰国せずにインドネシア軍ととも戦いました。

バリ島でも激しい戦闘があり、現在国際空港の名前にもなっているグスティ・ングラ・ライ中佐が率いる100名余りの部隊が降伏せずに全滅した話は有名です。
その中に12名の残留日本兵が含まれていたことはこちらでもあまり知られていない話です。

プトゥさんの実家はバリ島の西部、ヌガラです。おじいさんはヌガラで農業をやっていたそうです。
あるとき村に「マショウマ」さんという日本人の敗残兵が逃げ込んできて、プトゥさんのおじいさんが数日かくまったそうです。

すぐに、オランダ軍が迫ってきて、村々で敗残兵狩りをしているとの情報が伝わってきました。

「マショウマ」さんはプトゥさんのおじいさんに

「オランダ軍に殺されるくらいなら、良くしてくれたあなたに殺して欲しい。」

と頼んだそうです。そして、また、

「ワタシを殺してくれたら必ずお礼をします。」

と言ったそうです。
もちろん初めは断ったのですが、最終的におじいさんは「マショウマ」さんを殺して、丁重に葬ったそうです。

その後、プトゥさんのおじいさんに時々「マショウマ」さんがのりうつり、「イタコ」のような能力に開眼したそうです。

多くのご遺族の方々に、亡くなった方の思いを告げたそうです。

「マショウマ」さんがのりうつったときには、日本語も流暢に話したそうです。

そのおじいさんもすでに亡くなっていて、能力の真偽は確かめようもないです。

「マショウマ」さんの墓石には「トゥアン・カンジュン・マショウマ」というインドネシア語とともに漢字で本名も刻まれているそうです。

「トゥアン」は最上級の男性に対する代名詞。「カンジュン」は神に仕える者という意味です。

近くワタシも「トゥアン・カンジュン・マショウマ」の墓所を訪ねたいと思っています。

プトゥさんの話では「マショウマ」さんのご遺族の方はすでに墓参されたそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »