« Anjing Lagi | トップページ | CookieとLucky »

2012年4月23日 (月)

獣医の話 (バリアガの村)

いつもCookieを診てもらっているドクターの話。

ドクターはバリ人ですが、かつては心霊的なことは信じていなかったそうです。
ところが、この出来事をきっかけに信じるようになったとのことです。

あるとき、ドクターはキンターマーニの近くにある*バリアガの村に友人を訪ねたそうです。
談笑にふけり、帰ろうと思ったころにはすっかり夜になっていたそうです。

村人からは

「こんなに暗くなってから一人でバイクで帰って大丈夫か?」

と訊ねられたそうですが、ドクターは、

「なにが怖いもんか、平気平気」

と答えたそうです。

「これがいけなかった。「ご心配ありがとう、気をつけます。」と答えておけば良かった。」

と、反省しておられました。

ドクターは当時愛用のバイク、ホンダ・スープラでバリアガの村を出発したそうです。

周りは真っ暗、町へ出るまでに道沿いに墓所が7カ所あるそうです。
初めは鼻歌まじりでバイクにのっていましたが、だんだんと雰囲気がおかしくなり、
霊気を感じるようになってきたそうです。

最後の墓所にさしかかる手前で、森のなかから体長2mほどの黒犬が飛び出してきて
ドクターの頭上を飛び越えたそうです。


一目散に家へ帰り、布団をかぶって震えながら朝まで過ごしたそうです。

ワタシは「もののけ姫」を思い出しましたが......。


*バリアガ

バリ島の人の大多数は元々ジャワにいたヒンドゥー教徒がムスリムの台頭からのがれてバリに渡ってきた人々です。
それに対し、元々バリにいた原住民をバリアガと呼んでいます。表向きはヒンドゥーですが、昔からのバリのアミニズムが色濃く残っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

|

« Anjing Lagi | トップページ | CookieとLucky »

コメント

バリのアミニズムって、どんな考えなんですか?

投稿: | 2012年4月23日 (月) 07時19分

木にも石にも神様が宿っているらしいです。大きな石はうかつに動かせない、大きな木はうかつに切れない。へたするとたたりで死にます。

投稿: romo | 2012年4月23日 (月) 08時14分

お元気ですか?日本は桜も散り夏に向かってまっしぐらです。

自分もバリにいた時(20数年前)、バイクでクタのベモコーナーからビーチへ抜ける道で、両脇に犬がずらーっと寝ていて、そこを通り抜けようとしたら襲われました。
抜けきって振り向くと、犬達は一匹もいませんでした。

獣医さんの話を読んでて、思い出してしまいました・・・o(;>△<)Oぎゃあぁぁぁぁぁーーーーーっ!!!

投稿: Guppy | 2012年4月23日 (月) 21時13分

Guppyさんコメントありがとうございます。
ここにはいろんな話がありますよね~。
犬といえば昨日飼い犬のCookieに避妊手術を施し、夕べ抗生物質の錠剤を与えようとしたら
右中指を噛まれました。
中指が使えないとキーボードすっごく打ちにくいですね~。困った。

投稿: romo | 2012年4月24日 (火) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Anjing Lagi | トップページ | CookieとLucky »