« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

2011年7月のできごと

201107_001

ジャワの実家に預けられていたRei-kunがバリに来た。
甥のオフィーが連れてきてくれた。

201107_020

ヌサドゥアのホテルで闘鶏を見た。思った以上に激しかった。

201107_150

クルマを買った。こっちでもグランドチェロキーにした。

201107_070

バリへ来て初めての遠出。隣のプトゥさんの奥さんの実家へ行った。
途中ブドゥグルの寺院へ寄った。激寒だった。

201107_090

奥さんの実家はバリ北部のブレレンの山間にあった。アヒルの飼育や果実や野菜の栽培をしている。

201107_100

プトゥさんが近くにある不思議なお寺に案内してくれた。

201107_120

このお寺からわき出る水がこの辺の人々の飲み水なんだが、
お寺の境内からは絶対に水を汲んではいけないそうだ。境内から汲んだ水を飲むと死ぬそうだ。
(この写真が水源。)

201107_110

境内の外に水汲み場があってここの水は飲んでもいいそうだ。

201107_130

さらに数十m下流にはマンディする場所があって、ここでは入浴して良いそうだ。

お寺のすぐそばでは魚を釣ってもいけないそうだ。境内と門のすぐ外には4~5cmくらいの小魚しかいない。
「今年の初め境内で魚を釣った男がいた、釣った魚は5cmくらいだったが、お寺を離れるにつれて大きくなり、
最後は30cmくらいになった。男は怖くなって魚を川へ逃がした。その数日後、その男は死んだ。」
とのこと。(プトゥさん談)

201107_190

Rei-kunの学校が始まった。ここでは7月中旬から新学年です。

201107_200

英語100%の学校です。がんばって下さい。

201107_210

引越荷物が届いた。工事中の家の中がダンボールだらけになった。

201107_180

アユとシェリーの子供達が多くなった。随時もらわれていった。

201107_220

201107_230

201107_240

サヌールの凧揚げ大会見に行った。

201107_170

ヌサドゥアの沖にでかい船が来た。

201107_250

201107_260

201107_280

201107_300

201107_310

バリ・バードパークへ行った。

201107_320

ゴア・ガジャへ行った。

201107_330

そしてモンキー・フォレストへも行ったのだった。初めて観光をした.....。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

| | コメント (2)

2011年7月 4日 (月)

シャーリーとアユの子供と奇妙な話

隣のプトゥさんのいるコスにはシャーリーとアユという2匹の犬がいます。

Ayu

アユ。

シャーリーは尻尾を振って、手をなめてくれるのですが、アユはいまだに唸ります。

先週この2匹がほぼ同時に出産しました。

アユはシャーリーの娘で初めての出産。
シャーリーはもう5回目の出産だそうです。

シャーリーは2匹生んだのですが1匹は死産
一晩中悲しそうに啼いてたそうです。

アユは6匹生んだのですが、そのうちの1匹は、
「サルのように大きなネコが来て食べられてしまった。」(プトゥさんの隣の部屋の奥さん)
だそうです。
”サルのように大きなネコ”の存在はにわかには信じられないですし、
いくら大きなネコでも”犬の子を食べる”というのいも信じられない話です。

Shirley

写真はアユの子(自分の孫)を自分の子と同時にケアするシャーリー。
1匹だけ色が違うのがシャーリーの子、黒いのはアユの子


日曜にプトゥさんから聞いた、プトゥさんの実家の村(北部バリ)で最近あった話。

ダウン症の少年が行方不明なり、数ヶ月しても見つからないので、あきらめて葬式をすることにした。
葬式の最中にみんなの心に彼の声が届いた。

「ボクは体は失ったが、死んでないので葬式はしないでほしい。森の妖怪と結婚して幸せにしている。本当に死んだらまた知らせにくるから......。」

で、急遽葬式は中止になったそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

| | コメント (3)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »