« 安里屋ユンタ(あさどやユンタ)の合いの手 | トップページ | 内山牧場 18-20 Jul. 2009 »

2009年7月17日 (金)

「大銀座まつり」の日に

あれは秋の頃だったと思う。20年ほど前の出来事だ。
銀座にあるカメラ店に注文してあった部品を取りに行ったときのことだ。
その日は金曜日か土曜日で翌日ダイビングへ行く予定があって、
水中撮影に使うためにどうしてもその日に取りに行きたかったのだ。

仕事の途中に車で行ったのだが、ちょうど「大銀座まつり」の日で、
交通規制が行われいて、車でカメラ店の近くまで入って行けなかった。

今考えると随分距離があって不自然なんだが、なぜか日比谷公園の脇に
路上駐車して、歩いてカメラ店へ向かった。
カメラ店までは15分近くかかったろうか...。注文していた部品は入荷していた。
駐車違反が心配だったので、受け取ってすぐに車へ戻ろうと思った。

車を止めたのは日比谷公園の南側だと思っていた。
しかし、いくら歩いても車を止めた場所に着かない。
車がレッカー移動されてしまったとかではなくて、
止めた記憶がある場所に行けないのだ。
日比谷公園に着いてから20分ほど、周囲を3周くらいした。

泣きたくなって、歩道にしゃがみ込んでタバコをすった。

気を取り直して歩き出す。あっけなく公園の南側に車を見つけた。

公園の周りを何度も回ったように思っていたが、
そこは一度も通っていないような気がした。

不思議だった。

|

« 安里屋ユンタ(あさどやユンタ)の合いの手 | トップページ | 内山牧場 18-20 Jul. 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安里屋ユンタ(あさどやユンタ)の合いの手 | トップページ | 内山牧場 18-20 Jul. 2009 »