« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

Mamaの体験 - ホテルにて -

ホテルのフロント・マネジャーだったMamaは部屋の設備や清掃の状況を確認する仕事があったそうです。
その日も○階の○○○号室を確認していたら、廊下を挟んで向かい側の部屋がいやに気になる...。
向かいの部屋のドアの木目模様がだんだんに人の形に変わっていったんだそうです。

やがてそれは髪の長い女性とハッキリみてとれるようになり、Mamaは足がすくんで動けないなったそうです。

携帯でフロントに電話して人を呼んだんだそうです。
助けが来たときにも、それほどハッキリではありませんが、まだドアの模様は人型だったそうです。

以来、○階には一人で行かなくなったそうです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

インドネシア語習得時に困ったこと

インドネシア語を勉強し始めたころ、最初に困ったのが語順です。

語順が日本語や英語の逆になる例
白い猫 = kucing(猫) putih(白い)
大きい家 = rumah(家) besar(大きい)

最初はついつい会話の中でたとえば "その大きいパンを下さい。" を "minta itu besar roti." などと言っていました。現地の人からみれば「パン大きいその、下さい。」っと言っているいかにも外国人だったんだと思います。


時間の表現が日本語や英語と違うのもなかなか慣れませんでした。

時間の表現が日本語や英語と違う例
土曜日の夜 = maram(夜) minggu(日曜)
6時半 = setengah(半分) tujuh(7時)

これキツかったです。実際なんどか誤解もありました。直訳して「日曜の夜」っていうと土曜のことだし、「7時半」っていうと6時半のことなんです!

ちなみに時間の表現は"jamu(時) tujuh(7)"は7時のこと、"tujuh(7) jamu(時)"は7時間のことです。

Sampai Jakarta jamu tujuh = 7時にジャカルタに着いた。
Sampai Jakarta tujuh jamu = ジャカルタまでは7時間かかる

語彙が足りなくて困ったこともありました。

男と女 = laki-laki dan perempuan = man & woman
というのは知ってたんですが、
男性と女性 = pria dan wanita = male & female
という単語はまだ知らなかったころ、

バンドンのKFCで一人でトイレへ行ったら、2つのドアに書いてあるのは"Pria" と "Wanita"
さてどっちに入ったものか.....?
結局、誰か来るまで一人ポツネンとトイレの前で待って、最初に男性が来たので、そっちへ入りました。

席へ戻るとインドネシア人のU氏、
 「遅かったなぁ。」
 「実はかくかくしかじか」
 「おかまが来れば面白かったのに...!」
と、からかわれた次第でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

内山牧場 18-20 Jul. 2009

今年の「海の日連休」はお隣のMomo-chanご一家と内山牧場へ行ってきました。Rei-kunは17日に終業式を終えて、今日から夏休みです。しっかり5時に起きられました。

5:20に出発して関越練馬ICに6:02分、新座料金所通過は6:07分でした。高速\1,000の影響で混んでます。
途中10分間のトイレ休憩をして下仁田ICを出たのは7:45でした。下仁田ICから内山牧場までは約45分の道のりです。コンビニへ寄ったので8:45の到着となりました。

ついたよ~、あいてないよ~。
道中小雨模様だったんですが、山の上は晴れていました。
早速虫採りへ。
カナブンって何食べるのかな?
設営後は初谷温泉(しょやおんせん)へ。山の中の一軒宿です。濁り湯で、とてもいい温泉でした。
近くのサイトの Haru-kun。子供達はすぐ友達になります。
夜は布を張って「虫集め」を試みましたが、雨と風でダメでした。夜半にはかなり降りました。
翌19日。朝は曇天。「虫採り小僧」は6時から稼働。
内山牧場の周囲は探検する場所がいっぱいあります。景色も最高。
パパが子供のときは木をキックしてクワガタを採ったんだよ。「ボクやってみる!」
「カナブン落ちた!」
「晴れろ~!」
「晴れた~!」
朝ご飯だよ~。
食後も虫採り。
晴れると気温はどんどん上がります。
Momo-chanご一家到着。設営完了。設営時は強風だったので必死で写真ありません。
あらふね湖へ釣りに。.....釣果なし......。
.....そしてお昼の準備......。
コラー、ジェットバッグに座るな~!!
去年来たときは貸し切りでしたが、今回はオートバイの方々も沢山来場して、賑やかに。
くじらのおやま。
子供達は「色おに」や「かくれんぼ」。
暗くなるまで走り回って......。
ボクも......。
雲が染まって.....。
夕ご飯はMomo-chanのリクエストで、オッポール・アヤム(チキン・ココナッツ・カレー)。
Coco-kunも食べる?
夜には晴れて、星がすご~い。でも深夜には強風。
翌20日の朝は、雲の中........。
9時ごろには晴れてきて、11:30ごろまでに撤収完了。記念撮影。
神津牧場へ行きました。
日本の酪農発祥の地だそうです。
こぼすなよ~。
牛の行進が見られました。
帰り道には前回立ち寄ったこんにゃくのお店へ。 位置はN36 14 19 E138 41 24
独特の雰囲気のお店です。でっかいみそおでんが食べ放題。

連休+高速\1,000の影響を危惧して帰りは下道で花園まで....。でも随分混んでました。

カブトムシ採れず、釣果なし、豪雨、強風ありのキャンプでしたが、開放感満点の景色がそれらを補ってあまりある、すばらしいキャンプ場です。Mamaも喜んでくれたし子供達の笑い声を沢山聞くことができました。初谷温泉もお勧めです。”また行きたい度”アップしました。絶対毎年行きたいキャンプ場です。


佐久市振興公社直営 公共の宿山荘あらふね 内山牧場キャンプ場
長野県佐久市大字内山352-1
0267-65-2021

また行きたい度:★★★★★

1回目 May.23-24 2008

今回の支出
キャンプ場1泊 \3,675 x2泊合計 \7,350
ガソリン320km 7km/L = 45.7L x\135合計 \6,171
高速道路関越・上信越道(練馬-下仁田)\1,750、関越道(花園-練馬)\1,150合計 \2,900
釣り2時間 \1,000合計 \1,000
温泉大人\750x2,子供\350合計 \1,850
総計 \19,271

往路 : 山手通>目白通り>練馬IC>下仁田IC>国254
05:20自宅(品川区)発 
06:02練馬IC通過自宅から 00:42
07:45下仁田IC通過自宅から 02:25
08:45内山牧場着自宅から 03:25 下仁田ICから 01:00
復路 : 神津牧場>国254>花園IC>練馬IC>環八>青梅街道>山手通
11:55内山牧場発 
12:05神津牧場着昼食
13:32神津牧場発昼食 01:27
13:57こんにゃく屋着神津牧場から 00:25
14:23こんにゃく屋発休憩 00:26
16:53花園IC通過こんにゃく屋から 02:30
17:43練馬IC通過花園ICから 00:50
18:35自宅(品川区)着練馬ICから 00:52


大きな地図で見る


お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (6)

2009年7月17日 (金)

「大銀座まつり」の日に

あれは秋の頃だったと思う。20年ほど前の出来事だ。
銀座にあるカメラ店に注文してあった部品を取りに行ったときのことだ。
その日は金曜日か土曜日で翌日ダイビングへ行く予定があって、
水中撮影に使うためにどうしてもその日に取りに行きたかったのだ。

仕事の途中に車で行ったのだが、ちょうど「大銀座まつり」の日で、
交通規制が行われいて、車でカメラ店の近くまで入って行けなかった。

今考えると随分距離があって不自然なんだが、なぜか日比谷公園の脇に
路上駐車して、歩いてカメラ店へ向かった。
カメラ店までは15分近くかかったろうか...。注文していた部品は入荷していた。
駐車違反が心配だったので、受け取ってすぐに車へ戻ろうと思った。

車を止めたのは日比谷公園の南側だと思っていた。
しかし、いくら歩いても車を止めた場所に着かない。
車がレッカー移動されてしまったとかではなくて、
止めた記憶がある場所に行けないのだ。
日比谷公園に着いてから20分ほど、周囲を3周くらいした。

泣きたくなって、歩道にしゃがみ込んでタバコをすった。

気を取り直して歩き出す。あっけなく公園の南側に車を見つけた。

公園の周りを何度も回ったように思っていたが、
そこは一度も通っていないような気がした。

不思議だった。

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

安里屋ユンタ(あさどやユンタ)の合いの手

八重山地方の島唄で「安里屋ユンタ(あさどやユンタ)」というのがあります。

歌詞の意味は Wikipedia を参照して下さい。

このなかでも合いの手「マタ ハーリヌチンダラ カヌシャマヨ」の意味を”八重山方言の古語で「また逢いましょう、美しき人よ」の意であるとされるが、インドネシア語で「太陽は我らを等しく愛する」の意味も込められている、との説もある。”と2説を並記しています。

インドネシア語で普通に「太陽は我らを等しく愛する」だと

Matahari cinta kami sama-sama. っとなりますが、この合いの手に合わせて
Mataharinya cintalah kami sama yo. っとしても意味は通じます。
音的には マタハリニャ チンタラ カミサマヨ っとなります。

安里屋ユンタ by The NENES


でもなんで八重山地方の島唄にインドネシア語が使われているかはどこにも書いてないですねぇ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

妊娠中の殺生 -ジャワの迷信-

ジャワの風習では奥さんが妊娠中には夫が狩猟や魚釣りなど殺生をすることを嫌います。(職業的な猟師は除く)

Mamaの実家の近所の方で釣り好きのご主人がいて、奥さんが妊娠している最中も釣りをやめなかったそうです。

やがて赤ちゃんが生まれたのですが、皮膚が魚の鱗のようになっている部位があったそうです。
おそらく偶然、魚鱗症とかの病気だったんだと思いますが、Mamaも近隣の方々もご主人が妊娠中も魚釣りをしていたせいだと信じています。

幸いその子の肌は3才くらいまでにはほぼ治ったそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »