« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月26日 (金)

今思うと不思議な出来事

ワタシが茨城県北部の小学校に通っていたときのことです。4年生か5年生のころだと思います。

朝、2階の教室から裏門を見ていた友達が、
「わーなんだあれ!」
っと叫びました。
門扉のすぐ外側に、首に鋭利な刃物で切られたようなパックリした切れ目がある大きなイヌがいました。切れ目はイヌの首の半分ほどに達していて、赤い肉が見えています。首が落ちないのが不思議なくらいの状態です。他の友人達もすぐに窓に近寄ってきましたが、
「なんだよ、どこだよ」
っと見ない友人もいるようでした。また登校してくる生徒もいて、横目でそのイヌを怪訝にみる子もいれば、まったく気が付かない子もいます。

昭和40年代、まして田舎でしたから、飼い犬も放し飼い、野犬などもいる時代でしたから、そんな大けがをしたイヌがさまよっていても不思議ではないです。
ワタシはそれが現実のものとしか思わず、見ない友人もいるということも、そのときは「遠くて発見できない。」としか思いませんでした。
でも、今考えてみると、ワタシと初めに見つけた友人他数人には切れ目から覗く赤い肉までハッキリと見えていたのです。
でも、近寄る子供や捕獲しようとする教員など誰もいないんです。みんなイヌの存在を無視しているように......。

1時間目が終わり、最初の休み時間に窓から”イヌ”を探しましたが、もういませんでした。
その日、先生から”手負いの野犬”に注意するようにとかのお達しなどはありませんでした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

| | コメント (0)

2009年6月22日 (月)

日本語と似てるインドネシア語の単語

インドネシア語の単語には日本語と似ているものがあります。関連づけて覚えると覚えやすいかも...。(かえって混乱するかも?)


音も意味も似てるもの
ついて行くikut イクッ
させるsuruh スルッ
まさか!masa! マサ!
好きsuka スカ
奈落neraka ヌラカ
切るpotong ポトン
坊ちゃんbocah ボチャ

音が似てて意味が違うもの
悪(アク)aku俺・わたし
明日(アスゥ)asuh看護する
艶(アデ)adik弟または妹
姉(アネェ)aneh奇妙
虻(アブ)abu
アヒルakhir最後
石(イシ)isi中身
椅子取り(イストゥリ)istri
馬(ウマッ)umat信者
おたく(オタック)otak
叔母(オバッ)obat
かあちゃん(カチャン)kacang
噛む(カム)kamuおまえ
柿(カキ)kaki
角(カク)kakuぎこちない
貸し(カシィ)kashi与える・愛情
紙(カミ)kami私たち
空(カラッ)kalah負け
頑張る(ガンバル)gambar絵画
北(キタ)kita私たち
管(クダ)kuda
交番(コルバン)korban犠牲
獅子(シシ)sisiそば・脇
審判(シンパン)simpanしまう・収納する
駿河(スルガ)surga天国
賃貸(チンタイ)cintai愛情
茶番(チャバン)cabang
灘(ナダ)nada調子・ピッチ
梨(ナシ)nasiごはん
馬鹿(バカ)baka永遠
馬糞(バクソ)bakso肉団子
晩(バン)banタイヤ
番地(バンチ)banciおかま
番頭(バントゥ)bantu手伝う
針(ハリ)hari
薔薇(バラッ)barat西
般若(ハンニャ)hanyaただ~だけ
非常(ヒジャウ)hijau
節(フシ)fusi融合
武士(ブシ)besi
股(マタ)mata
丸(マル)maluはずかしい
無駄(ムダ)muda若い
村(ムラッ)murah安い
群れか(ムレカ)mereka彼ら
夜勤(ヤキン)yakin確信する
くたばりkuta baliバリ島のクタ地区
あらまっalamat住所
キラキラkira2だいたい
ガラガラgara2問題
クラクラkura2
タイtahiうんこ
ベラberakうんこ

どうですか、ちょっとおもしろいでしょ?


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

インドネシア料理 - Masakan Indonesia - "Ayam Sisit" ”アヤム・シシッ”


鶏肉の甘辛炒めです。白いゴハンといっしょに食べるのが一般的です。

材料は : 鶏肉 トマト バワン・メラ(bawang merah=紫小たまねぎ) ニンニク クンチュル(kencur=ショウガに似た根菜) シュリンプペースト 赤唐辛子 ナツメグ ライム

バワン・メラとクンチュルとシュリンプペーストは東京でもアメ横や大久保の限られたお店でしか手に入りません。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (5)

2009年6月15日 (月)

Peta Jepang -1-

Luas Jepang itu hampir sama dengan pulau Jawa sampai pulau Komodo.

Pulau besarnya adalah "Hokkaido","Honshu","Shikoku",dan "Kyushu". Pulau Honshu hampir sama dengan pulau Jawa. Ibu kota Tokyo ada di tengahnya Honsyu.

Pesawat yang langsung ke Jepang adalah tujuan "Narita Tokyo", "Nagoya" dan "Kansai-Osaka" dengan "Japan Air Line" dan "Garuda Indonesia".

Dari Jakarta "Soekarno-Hatta" (IATA: CGK, ICAO: WIII) sampai "Tokyo Narita" (IATA: NRT, ICAO: RJAA) kira-kira tujuh setengah jam.

Transportasi dari Bandara udara "Tokyo Narita" ke dalam kota Tokyo bisa dengan Bis dan Kereta. Jauhnya kira-kira 75km, satu setengah jam.

Dalam kota Tokyo luasnya hampir sama dengan Jakarta. Ada daerah pertokoan, perkantoran, dan macam-macam. Terkenalnya "Shibuya", "Shinjyuku", "Harajyuku", "Akihabara".

Kota besar yang lainnya, "Sapporo"=ibu kota Hokkaido, "Yokohama"=kota pelabuhan, "Nagoya"=kota industri, "Osaka"=kota business, "Kyoto"=kota tradisi seperti Yogya, "Fukuoka"=ibu kota Kyushu.

Pada kesempatan lain akan saya tulis tentang pulau dan kota-kota lainnya.


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (6)

2009年6月12日 (金)

心霊スポットと云われている場所

◎池袋サンシャイン60
 20年くらい前に地下3階の一角に通信設備を置いて夜遅くまで一人で仕事してたことがありますが、湿度が高かった以外には感じるものはありませんでした。

◎白金トンネル
 白金トンネルの脇道はワタシの自転車通勤ルートのひとつです。最近まで心霊スポットと云われているとは知りませんでした。全然なんにも感じません。

◎青山墓地
 青山墓地もワタシの自転車通勤ルートのひとつです。いとこの墓所です。ふつうの墓地です。特別なモノにはお会いしたことはありません。

◎千駄ヶ谷トンネル
 帰りに遠回りする際の自転車通勤ルートのひとつです。通るのはいつも暗くなってからですが、全然なんにも感じません。

というナニも無かった!という、つまらない心霊ネタでした。でも、自転車通勤のルートで、ある学校の一角なんですが、(差し障りがあるので場所は言いません。) そこを通ると夏でも空気がひやっとする場所があります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

インドネシア料理 - Masakan Indonesia - "Soto Bakso" ”ソト・バソ”

Soto Bakso Soto=スープ Bakso=肉団子(kをはっきり発音しないで下さい、サイレントです。笑) 牛挽をカッサバ粉をツナギにしてだんご状したものが入ったあっさりスープです。麺を入れればミー・バソになります。

インドネシアではバソは買ってくるのが当たり前ですが、日本では納得できるバソが手に入らないのでウチではMamaが手作りしてます。

ツミレで代用してソト・バソ・イカン(魚の肉団子スープ)ってのも時々やります。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (4)

2009年6月 4日 (木)

インドネシア語小咄

西ジャワではよくある女性の名前です。それを知らないと....。

 日本人:Nama siapa? (名前は?)
 ナニさん:ナニ(Nani)
 日本人:Nama siapa? (名前は?)
 ナニさん:ナニ(Nani)
 日本人:Jadi namanya siapa!?! (だっから名前はなんなんだ!!!!)
 ナニさん:ナニ(Nani)

っと終わらない会話が続く....。


ナンカという果物があります。それを知らないと....。

 日本人:Mau makan apa?(何食べたい?)
 インドネシア人:Nanka(ナンカ)
 日本人:Mau makan apa?(何食べたい?)
 インドネシア人:Nanka(ナンカ)
 日本人:Jadi mau makan apa!?!(だっから何食べたいってんだ!!!!)
 インドネシア人:Nanka(ナンカ)

っと不実な会話が続く....。


オフィスでコピーを頼もうと思って「コピー プリーズ」っというとコーヒーが出てくるのはホントの話です。

コピーを撮ってほしいときは、「ミンタ ポトコピ (minta foto copi)」といいましょう。


インドネシアでは日本語の幼児語、「おめめ」と「おてて」はヤバイので現地で言わないように注意して下さい。........意味は訊かないで下さい。

反対に日本ではインドネシア語の「おちゃわん」と「指輪」はヤバイので言わないように注意してます。......発音は訊かないで下さい。


インドネシアではブタ!やタコ!ではなく「イヌ!」ってのが最大の侮蔑です。(愛犬家の方ごめんなさい)インドネシア語ではイヌのことを anjing といいますので、三浦按針さんがインドネシアへ行かれたら気の毒です。

ジャワ語ではイヌのことを aso と言います。ですから、ジャワ人の多くは某国首相を「へんな名前」って思ってます。Rei-kunのおじいちゃんちには aso taro がいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (4)

2009年6月 1日 (月)

運動会 2009

日曜日はRei-kunの運動会でした。曇天で開催が危ぶまれたんですが、決行となりました。

Rei-kunは赤組。玉入れとかけっこ、お遊戯もありました。

途中ぱらぱら来ましたが、なんとか最後のプログラムまで本降りにならず、終了後、ザーっと降ってきました。みんな行いがいいんだね。

「ボクがもってくからね!」っと一脚を持ちたがる。
窓にプログラムが貼り付けてあります。なかなかよいアイデア。
開会式ではちょっと緊張の面持ち。
でもすぐに隣の子にふざけたり...いやがってるゾ!!
先生にガン飛ばしたり?!
おじいちゃんが見に来てくれました。
薄日が差した時間帯もあったのですが....。
玉入れ。一発も入らず....。
でも、かけっこは....。
ガンバレ!!
1着でした!!
お遊戯もありました。
6年生になるとこんなことするんだよ。すごいねぇ。

写真はほとんどトリミングしてます。運動会にはもうちょっと長い玉ほしいかな....。





お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (5)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »