« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

ジョヨボヨの予言 - Jangka Jayabaya - Jayabaya's Prophecy -

12世紀前半、ジャワにはクディリ王国という国があり、ジョヨボヨ(Jayabaya 在位1135-1157) というスルタン(王様)がいました。ジョヨボヨは、宮廷詩人たちに「マハーバーラタ」の翻訳をさせました。できた書物は「バロトユド」と呼ばれます。

しかし「バロトユド」は単なる翻訳書ではなく、不思議な予言が隠されていると云われています。

◎ジャワは外国から来た民族に支配される。
 = オランダによる植民地化

◎北から黄色い軍隊が来て異民族の支配を終わらせて、彼らに代わって支配するが、トウモロコシが1回育つまでの短い期間で終わる。
 = 日本軍の侵攻。3年半の軍政。インドネシア独立。

ジョヨボヨはもしかすると現代を見通していたのかも知れません。
 ジョヨボヨ予言はさらに次のように述べています。

◎未来には
 線が地上に巻き付き = 電気
 遠くの人と話が出来るようになり = 電話
 馬のない車が走り = 自動車
 距離が大した問題ではなくなる = インターネット

”ジョクジャカルタのスルタンは「バロトユド」の公開されていない写本を持っており、少なからず未来の出来事を知っているのだ”というウワサもあります。そのため中央ジャワでは現在のジョクジャカルタ特別州知事のハメンクブウォノ10世を大統領にすれば国はより発展するという声があります。

Sri_sultan_hamengkubuwono_x
Hamengkubuwono X

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

| | コメント (2)

2009年5月25日 (月)

ネイチャーランド・オム 23-24 May. 2009

5月23~24日は道志のネイチャーランド・オムへ行ってきました。チェロキーのお友だち、だ~くさんのご一家と現地で合流です。

自宅を5:25に出発したら、どっこも渋滞無しで、7:00にはオムに到着してしまいました。もちろん受付はまだ開いていません。

いったん場内まで登って、サイトを物色。金曜から来場されている方もなく、がら~んとした場内。今回は、だ~くさんもランステを張るので、前回の「中沢台」では狭いのではと考え、「白樺広場」に決定して受付へもどりました。

釣り竿をお借りして、岩風呂を予約して、再びサイトへ。先に設営してだ~くさんの到着を待ちました。

見ての通り、クルマもおそろい、幕体もおそろいでした。
でも中身はちょっと違って、ウチのインナーはアメド、だ~くさんのインナーは今回からランブリ4です...............ちょっとうらやまし..............。

「白樺広場」です。4~5家族くらいまで対応できそうです。
今回もランステ+アメドのインナーです。
「白樺広場」からは沢へ降りられます。
沢の横には前回は無かった立派なバーベQハウスが出来ていました。
沢で遊んだRei-kunは予想通りの状況になって戻ってきました。
おしりペンペン。「や~め~て~!」
朝は曇りだったんですが、暑くなってきました。
もう夏模様です。
だ~くさん登場。素早く設営。
Saya-chanひさしぶり~。大きくなった....。
お昼はだ~くさんのタコスとMamaのソト・バソ(インドネシアの肉団子スープ)。その後、マス釣り。
だ~くさんは竿持参。いずれRei-kunに釣りご教授下さい。
つれたよ!
今回はオムの「岩風呂」を予約しました。家族単位で30分貸し切りです。
内部はこんな感じ。森を見渡せます。
「岩風呂」の横には「かやぶき民家」
サイトに戻って夕飯の準備です。だ~くさんはダッジでラムチョップ。ウチはサテ・アヤム(インドネシア風焼き鳥)で。釣ったさかなも塩焼き、ホイル焼きにしました。
サテ焼いてます。子供達は焼き鳥大好き、どんどん食べます。
日が長くなりました、7時をすぎてようやく暗くなって来ました。........このあと突然の豪雨が.....。
夕べはおもいっきり降りました。翌朝は小雨模様。朝の散歩、場内を散策。
「マス池」から「白樺広場」を望む。
場内のあちこちにかわいい看板があります。
「白樺広場」は砂ジャリで水はけがよく、水たまりはありません。
Saya-chanもおきてきて、かわいい赤ずきん。
今回はRei-kunおにいちゃんです。(まんざらでもない様子。)
小雨を見計らって撤収。
帰りはすぐ近くの「水源の森」へ寄って。
おそばを食べます。
前回はここの釣り堀でマス釣りました。おそばと野菜天ぷら美味しかったです。
おつかれさまでした。またごいっしょしましょう。

「白樺広場」は前回使用した「中沢台」よりフラットで下も砂ジャリでペグの効きいいです。沢もマス池も目の届く範囲にあるので、お子さん連れの方には適していると思います。

オムには野性的なサイトからファミリー向けのサイトまで様々な表情のサイトがあるので、これからもまた季節を変えて来てみたいと思います。

毎年朝霧方面で定評のあるだ~くさんのタコスはやはりおいしかったです。夜のラムチョップもやわらくて...。翌朝はポテトを焼いていただき、Rei-kun大満足。重ね重ねごちそうさまでした。Mamaのソト・バソもルンダンもおいしかったよ!サテはウチのキャンプの定番になりそう。

今回はかつてない「くいだおれ」キャンプでした。


ネイチャーランド・オム 「白樺広場」 (3回目) 自宅(品川区)から86km

また行きたい度:★★★★★ (さらに好印象でまた行きたい度UPしました。)

2回目 20-21 Jul. 2008 「中沢台」上段サイト
1回目 28-29 Jun. 2008 「中沢台」中段サイト

今回の支出
キャンプ場大人\600x2,子供\400,テント\1,000,クルマ\1,000合計\3,600
ガソリン190km 7.2km/L = 26.4L \124(ハイオク)合計\3,274
高速道路中央道(永福-相模湖)\950+(相模湖-高井戸)\750合計\1,700
釣り貸し竿\300,ニジマス\300x3匹合計\1,200
岩風呂大人\400x2,子供\200 合計\1,000
総計\10,774

往路 : 山手通>井の頭通>永福IC>相模湖IC>県76>国413
05:25自宅(品川区)発 
05:45永福IC通過自宅から 00:20
06:20相模湖IC通過自宅から 00:55
07:00オム着自宅から 01:35 相模湖ICから 00:40
復路 : 国413>県76>相模湖IC>高井戸IC>国20>井の頭通>山手通
12:35オム発 
12:40水源の森着昼食
13:25水源の森発昼食 00:45
14:05相模湖IC通過オムから 00:40
15:10自宅(品川区)着オムから 01:50


大きな地図で見る




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (5)

2009年5月22日 (金)

Orang Pendek と Orang Dalam

スマトラの森にいると云われているUMA
Orang Pendek
オラン・ペンデック(小さい人)
身長 80cm-1.5m
Orang Dalam
オラン・ダラム(奥の人)
身長 13feet = 約4m
樹上性のオランウータンとは違って、どちらも地上で生活している未確認の類人猿だそうです。
ネッシーとかよりも実在の可能性が高そうです。いつか確認されるといいです。
WikipediaのOrang PendekWikipediaのOrang Mawas = Orang dalam

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

ジェングロッ - Jenglot -

またまたインドネシアの2大全国紙のひとつ、Kompasに妙なニュースがありました。

見出しは
Cewek Berbadan Ular Sepanjang 90 Cm = 長さ90cmのヘビの体をした女の子
です。
(この記事の写真はイメージだけで実物ではありません。)

東ジャワの Bojonegoro に住む Mbah Lamidi さんは家の前の小川で妙なものを見つけました。
ヘビの体の長い髪の女の子のジェングロッ(Jenglot)です。

体はまるでヘビで、18cmくらいから90cmくらいまで伸び縮みするそうです。
ほとんど動かないのですが、ときどき頭を動かしたり、目をかっと見開くそうです。
連絡を受けて地元の警官のAgus Saripul Hidayatが現物を確認しました。

Mbah Lamidi さん、明日は近所の人々にも公開しようと言っていたのですが、
ソレは身につけていた布きれだけ残して姿を消したそうです。

ジェングロッ(Jenglot)とは

こんなような小さい怪物/妖怪のことをいいます。

これはこの記事のソレではありませんが、内容からしてこんなようなもんだと思われます。

以下はマレーシアのTV番組です。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

マンネンドジョウと青いザリガニ

茨城県北部の小学校に通っていたころ、よく田んぼの畦や小川で遊びました。1960年代です。
ザリガニ釣りのえさはカエルかドジョウ。まずドジョウを捕まえます。

普通のドジョウは10~12cmほどです、そのころの小川にはときどに30-40cmほどのドジョウがいました。口の周りにヒゲのようなヒダがありましたからウナギではなくドジョウなんです。子供達の間では「マンネンドジョウ」と呼ばれていました。

アメリカザリガニは普通は赤いんですが、中には真っ青なヤツがいて、やはり子供達の間では「アオチンキ」なんて呼ばれていました。

あとは、15cmくらいの大きさのオタマジャクシとか、赤いアマガエルとか、赤いカブトムシとか、赤いヤマカガシとかいましたが、今Webで調べても、昔ワタシが見たようなものは出てきません。あの生き物はなんだったんでしょう?もう絶滅してしまったのかなぁ。

ツチノコはみたことないです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

| | コメント (2)

2009年5月11日 (月)

Naik sepeda sama Yu-kun. Yu-kunと自転車にのったよ

にちようびはYu-kunと、りんしのもりでじてんしゃにのったよ。
Hari Minggunya aku naik sepeda sama Yu-kun, di Rinshi-no mori.

りんしのもりから、ひみつのみちをとおって、めぐろふどうまでいったんだ。
Dari Rinshi-no mori ke Meguro-fudo, kita lewat jalan yang rahasia.

すごくあつかったけど、たのしかったよ。
Hawanya panas sekali, tapi aku senang banget naik sepeda.

*Rei dan Yun mereka misan selisihnya cuma delapan hari.




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

鹿角平観光牧場キャンプ場 2-4 May. 2009

高速道路\1,000がはじまった今年のG.W.キャンプは東京からだと最も渋滞が少ないと予想される常磐道で、鹿角平観光牧場へ行ってきました。

渋滞予想では6:00からと予想されている谷和原ICをその前に通過すべく、4:50に出発。友部SAに6:05に到着。

次の渋滞ポイントとして8:00から予想されていた日立中央ICを、7:30には通過すべく友部SAを6:50に出発。しかし、G.W.恐るべし、NEXCO東日本の予想よりも早い7:20ごろから断続的な渋滞がはじまっていました。

それでも8:20には勿来ICを通過して鹿角平には8:50には到着できました。家から正味3:15でした。

友部SAのトイレにツバメの巣が。季節を感じます。
餅は朝食。
鹿角平到着。クルマは乗り入れ出来ないので、リアカーで荷物を運びます。
ひろ~いね。北海道みたいです。
早速探検。
今回はランステ+アメドのインナー+こいのぼり。
お昼は最近お気に入りの北海道醤油ラーメンで。
インドネシアでは食事には”クルプック=揚げせんべ”が必須。Mamaはサッポロポテトで代用。北海道的風景の中で北海道醤油ラーメン+サッポロポテト。
初めて自分で凧揚げ。
こんなに高く揚がりました。
そのあと15:00ごろ「ほっとはうす・さめがわ」へ入浴に行ったのですが、まだ準備してないとのことで、(18:00頃なら確実とのこと)近くの温泉を教えて頂き、そちらへ向かうことに。
だるまストーブがありました。
達筆でただ「12月12日」と張り紙。うーんなんなんだろう?
そのあと「手まめ館」へ。
地元の野菜、山菜、肉類が売っています。壁一面に生産者の方々の顔写真が。
サイトに戻って。
夕食の準備。
今晩暗くなってから到着予定のお隣ご一家のテントをお預かりして、建てておきました。コールマンのドーム初めて張りました。建てやすかったです。
まだ~。おなかへった~。
早めに夕食を済ませて19:30にお出かけ。
洗い物を済ませてから....。
丘の上の天文台へ。
土星とタイタン、月のクレーターなど見せて頂きました。
お隣のご一家が到着。
半月でしたが、かなり明るい。この夜は6°まで下がり、寒かったです。
おはよ~。
さっそく走り回ります。
子供達がたんぽぽを摘んできました。
レンタルのマウンテンボード。スケボーもやったことないくせに.....。
6年生のお兄ちゃんは自分で引いて登ります。
3年生と1年生はママに手伝ってもらって。
パイルドライバーもおもちゃにしちゃって、ちょっとアブナイ。
子供達が作った、たんぽぽとまつぼっくりのディスプレー。
午後からはみんなで「江竜田の滝」へ行きました。数カ所で滝が見られる遊歩道です。
杉林の林道を歩くと......。
ツツジの向こうに大きな滝が....。
川で石を投げる。
欄干のない橋を渡り。
小さい白い花。
ココで1年生と3年生は滑って落ちる。
次の滝へは行けずにビショビショでクルマへ戻る。
サイトに戻って、お隣ご一家とRei-kunは「ほっとはうす・さめがわ」へ。行く途中でキツネが3匹いたんだって。
晩ご飯はサテを焼いて、焚き火で暖まりました。
おはよ~。
お兄ちゃんはオレンジの皮でイタズラ。
すぐにまねっこ。
鉄砲ダーツで遊んで。
仲良くなったワンコにバイバイ。
おつかれさまでした~。
ちょうどキャンプ場を出発するときに88888になりました。なんか縁起良いかも。

行きは2~3kmほどの渋滞が少しありましたが、帰りは首都高6号向島まで渋滞無し。キャンプ場は夜分ちょっとヤンチャな人がいたり、バーベQコーナーが混み合ったりしましたが、まあGWってことで....。

雄大な風景と天文観察、滝とトレッキングやキツネの登場など、子供達は楽しんでくれたようです。

野生のホンドギツネはまだ見たことがないので、Rei-kunがスゲーうらやましかったromoでした。


鹿角平観光牧場キャンプ場 自宅(品川区)から220km

また行きたい度:★★★☆ (遠さとクルマを入れられない点がマイナス)

今回の支出
キャンプ場テント \1,000x2日 緑化推進費 \100x3人x2日合計\2,600
温泉大人\500x2 子供\300合計\1,300
ガソリン500km 8.6km/L = 58L \124(ハイオク)合計\7,192
高速道路首都高+常磐(三郷-勿来)\1,950(早朝割引) \2,150合計\4,100
総計\15,192

往路所要時間
04:50自宅(品川区)発 
05:20三郷料金所通過自宅から 00:30
06:05友部SA着自宅から 01:15
06:50友部SA発休憩時間 00:45
08:20勿来IC通過 
08:50鹿角平着自宅から 03:15 勿来ICから 00:30
復路所要時間
12:40鹿角平発 
13:15勿来IC通過鹿角平から 00:35
13:18関本着昼食休憩
13:53関本発休憩 00:35
15:23三郷IC通過鹿角平から 02:05
16:13自宅(品川区)着鹿角平から 02:55


大きな地図で見る



お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (2)

2009年5月 5日 (火)

ただいま!

2-4 May. 2009. 福島県まで遠征してきました。ほぼ渋滞無しで.....。詳細は次回。





お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »