« ごぶさたしました。元気です。 | トップページ | 炭素繊維強化合成樹脂製前輪分岐肢 »

2009年3月11日 (水)

Rei-kunの自転車

6才になって身長も110cmを越えたRei-kun、今はお隣に頂いた[IDES PlusOne AL-1]という16インチの自転車に乗っています。

この自転車のサイズは
 ○トップチューブ(ホリゾンタル)=365mm ステム長=35mm 合計400mm
  (シートポストの芯からハンドル取付クランプの中心までの水平での長さ)
 ○ハンドルの幅 470mm
 ○地面からサドルの上部までの高さ 560mm
 ○クランクの長さ 105mm
 ○重量 9.6kg (カゴ・ドロヨケありの状態)

となっていました。なかなか軽量です。この自転車を前後キャリパーブレーキにして、カゴやドロヨケを外して、鉄パーツをアルミに変えて、8kg台を目指すってのも面白そうなんですが、Rei-kunの現在の身長や座高から換算すると、すでにステム長とクランク長が足りなくなっています。
ステムは部品さえ見つかれば長いものに交換可能ですが、クランクは16インチでは最低地上高が低くて交換は難しいかもしれません。(コーナーで傾いたときにペダルが地面についてしまう危険性がある。)
サドルはまだまだ上げられるんですがねぇ。

あと2~3ヶ月うちには乗り換える前提で、Rei-kun3号機を検討してみます。去年の5月に12インチから乗り換えたばかりなのに.....。実はワタシがはやくいっしょにトレイルを走りたいんですねどね.....。

まずは、18インチにするか20インチにするかですが、迷わず20インチです。すでに560mmのサドル高で乗ってますから、20インチでも乗れるはずです。多くのBMXが20インチなのでタイヤやホイールなどのパーツが探しやすいってメリットもあります。(メリットかな...?)

次に変速機がついていないBMXタイプのものにするか、6段ないし7段変速のMTBタイプのものにするかですが、今の自転車で上り坂を苦戦している様子を見ると変速を与えたいのですが、変速付きで今の自転車の軽さに迫るものがあるかどうか...。
一方BMXなら相当軽い物もありますが、....高い!.....。

MTBタイプでなるべく軽い物、サドル高を550~570mm程度にできるものを探してみることにしました。

以下を候補に上げました。

 GIOS GENOVA20GT STOMPER20ルイガノ LGS-J206SPECIALIZED HotRock20
 
フレームサイズ260280250279
フォーク50mmトラベル?75mmトラベルSteelリジット50mmトラベル
ヘッドセットOS AHeadOS AHeadOS AHeadOS AHead
ハンドルバー??Alloy 500mmSteel 600mm
ハンドルステムAlloy ?mmAlloy ?mmAlloy 60mmAlloy ?mm
ブレーキVVVV
シフターグリップSRAM グリップShimano REVOREVO
クランク152mm 36T?mm 36T127mm 40T127mm 36T
カセット6S7S6S6S
ハブNutNutQ/NutNut
タイヤ20x2.12520x1.9520x1.9520x2.125
シートポストAlloyAlloyAlloy 190mmAlloy
重量11.7kgna10.5kgna

トレック、フィッシャー、シューイン、コナはちょっと大きめでした。スペシャライズドの今年のモデルも実際にまたがってみたら大きめでした。

身長115cmに152mmのクランクは無理があります。また、ハンドル幅も500mm程度にカットすることになります。シートポストも当面最低で使用しますから、標準的な330mmからはカットすることになります。

そうしてみるとルイガノのLGS-J206はハンドル幅もクランク長もシートポストも初めから子供のサイズに合わせてあって、手間無しですね。中途半端なストロークのサスフォークを付けるよりもリジットフォークにしてその分軽量化してるのもルイガノだけです。
そんなわけで大分LGS-J206に傾いてます。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


|

« ごぶさたしました。元気です。 | トップページ | 炭素繊維強化合成樹脂製前輪分岐肢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごぶさたしました。元気です。 | トップページ | 炭素繊維強化合成樹脂製前輪分岐肢 »