« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月16日 (月)

炭素繊維強化合成樹脂製前輪分岐肢

先月ヤフオクでポチってしまった「炭素繊維強化合成樹脂製前輪分岐肢」と手近にあった部品、中古で入手した部品を組み付けました。

ヘッドセットの下ワンの脱着は専用の道具がないとできないので自転車屋さんにお願いしましたが、それ以外は自力でやりました。

コグ(リアのギア)をよりクロスした12T-25Tに交換。クランクはMTBから外して余ってたICON Graphite。昔ながらの四角BBのものですが、センターボルトをアルミ製に変えました。ペダルは芯棒がチタンでできてるヤツです。前後のディレイラーは以前からF=XTRとR=XTに変えてました。
このホイールはニップルがハブ側にあります。少しでも重量を中心へ持ってくるための配慮らしい。(たぶん20~30gだけど...)でも普通のニップル回しが使えない....。
炭素繊維強化合成樹脂製前輪分岐肢。サス付フォークの1700gに対してこちらは550g
前輪も同様ニップルはハブ側。スポークは前16本、後20本しかないです。タイヤは減ってたので新品買いました。前のより1サイズ細い23Cです。
パパチャリ状態だったRaleighは大変身を遂げたのでした。15kg(チャイルドシート含む) > 9.6kg

ドロヨケやスタンドを撤去して、MTBいじりの結果余ってたパーツを中心に組んでいったところ、9.6Kgに仕上がりました。ノーマルが13kgですから随分と軽量化できました。

乗り味はタイヤを細くしたにもかかわらずカーボンフォークが衝撃を吸収してくれて、へたれたサス付フォークよりいい感じです。ヘッド下が短くなったので、ポジションは5cmほど前下がりになったはずなんですが、気になりませんでした。
前が軽くなったので重心が後ろにずれました。坂を登るときに以前より前加重してやる必要があります。
クランクも標準の170cmから175cmに交換しました。、ワタシの脚長からするとホントは長すぎです。脚長に対して長いクランクは登坂にはむいているが、平地の巡航には適さないと云われています。ゴーストップが多くて坂道が多い通勤ルートにはむいてるかも知れないと思ってセットしてみました。前より膝を上げて漕がされる状態になってるので、太ももが痛いです。(使っていなかった筋肉を使わされているためでしょう。)でも しばらくは筋トレのためにもこのクランク使ってみます。

かくしてパパチャリは通勤快速へと大変身を遂げたのでした。

気が付けばこの自転車、オリジナル状態から残っているのはフレーム(ヘッドセット含む)のみなのでした。

| | コメント (3)

2009年3月11日 (水)

Rei-kunの自転車

6才になって身長も110cmを越えたRei-kun、今はお隣に頂いた[IDES PlusOne AL-1]という16インチの自転車に乗っています。

この自転車のサイズは
 ○トップチューブ(ホリゾンタル)=365mm ステム長=35mm 合計400mm
  (シートポストの芯からハンドル取付クランプの中心までの水平での長さ)
 ○ハンドルの幅 470mm
 ○地面からサドルの上部までの高さ 560mm
 ○クランクの長さ 105mm
 ○重量 9.6kg (カゴ・ドロヨケありの状態)

となっていました。なかなか軽量です。この自転車を前後キャリパーブレーキにして、カゴやドロヨケを外して、鉄パーツをアルミに変えて、8kg台を目指すってのも面白そうなんですが、Rei-kunの現在の身長や座高から換算すると、すでにステム長とクランク長が足りなくなっています。
ステムは部品さえ見つかれば長いものに交換可能ですが、クランクは16インチでは最低地上高が低くて交換は難しいかもしれません。(コーナーで傾いたときにペダルが地面についてしまう危険性がある。)
サドルはまだまだ上げられるんですがねぇ。

あと2~3ヶ月うちには乗り換える前提で、Rei-kun3号機を検討してみます。去年の5月に12インチから乗り換えたばかりなのに.....。実はワタシがはやくいっしょにトレイルを走りたいんですねどね.....。

まずは、18インチにするか20インチにするかですが、迷わず20インチです。すでに560mmのサドル高で乗ってますから、20インチでも乗れるはずです。多くのBMXが20インチなのでタイヤやホイールなどのパーツが探しやすいってメリットもあります。(メリットかな...?)

次に変速機がついていないBMXタイプのものにするか、6段ないし7段変速のMTBタイプのものにするかですが、今の自転車で上り坂を苦戦している様子を見ると変速を与えたいのですが、変速付きで今の自転車の軽さに迫るものがあるかどうか...。
一方BMXなら相当軽い物もありますが、....高い!.....。

MTBタイプでなるべく軽い物、サドル高を550~570mm程度にできるものを探してみることにしました。

以下を候補に上げました。

 GIOS GENOVA20GT STOMPER20ルイガノ LGS-J206SPECIALIZED HotRock20
 
フレームサイズ260280250279
フォーク50mmトラベル?75mmトラベルSteelリジット50mmトラベル
ヘッドセットOS AHeadOS AHeadOS AHeadOS AHead
ハンドルバー??Alloy 500mmSteel 600mm
ハンドルステムAlloy ?mmAlloy ?mmAlloy 60mmAlloy ?mm
ブレーキVVVV
シフターグリップSRAM グリップShimano REVOREVO
クランク152mm 36T?mm 36T127mm 40T127mm 36T
カセット6S7S6S6S
ハブNutNutQ/NutNut
タイヤ20x2.12520x1.9520x1.9520x2.125
シートポストAlloyAlloyAlloy 190mmAlloy
重量11.7kgna10.5kgna

トレック、フィッシャー、シューイン、コナはちょっと大きめでした。スペシャライズドの今年のモデルも実際にまたがってみたら大きめでした。

身長115cmに152mmのクランクは無理があります。また、ハンドル幅も500mm程度にカットすることになります。シートポストも当面最低で使用しますから、標準的な330mmからはカットすることになります。

そうしてみるとルイガノのLGS-J206はハンドル幅もクランク長もシートポストも初めから子供のサイズに合わせてあって、手間無しですね。中途半端なストロークのサスフォークを付けるよりもリジットフォークにしてその分軽量化してるのもルイガノだけです。
そんなわけで大分LGS-J206に傾いてます。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


| | コメント (0)

2009年3月 4日 (水)

ごぶさたしました。元気です。

随分長い間ブログさぼってました。

なにかと忙しい年末年始。異常なまでの円高で、急遽、対インドネシア戦略に明け暮れた1月。Rei-kunの卒園と入学準備で買い物や謝恩会準備に忙しかった2月。3月も引き続きMamaは多忙な様子で、キャンプの予定はたてられそうにありません.....。

ラーレーのクロスバイクですが、昨年の4月ごろは手放そうと思っていたのですが、何となくヤフオクへも出しそびれて...。また通勤に使い始めていました。

2004年の秋から乗り始めて、Rei-kunを後ろへ乗せてあっちこっちへ走り回りました。
半年近く休ませていた時期もありますが、週3回ほど往復12kmの通勤にも活躍してくれました。

2個目のリアブレーキシューがすり減った今日この頃、フロントのサスの動きがかなり渋くなっているのに気が付きました。

初めて遠出した日の写真。城南島まで行きました。
飛行機の爆音にビビってたRei-kun。
真冬の多摩サイ。
この日は洗足池経由で帰還。
どこいくの?
青山から絵画館を目指した日。
豊洲へも行きました。
東京ヘリポートを見せたかったのに..爆睡。
ヨットハーバーへ。
林試の森にて。このチャイルドシートは脱着式で、Mamaの自転車につけたりも出来ます。
TOPEAK ベビーシート
1号機買いました。12インチです。
駒場公園(前田利為侯爵駒場邸跡)にて。
侯爵家庭園で砂遊びに興ず。
のち爆睡。ほんとにこのシートに乗せると良く寝ました。サスペンション付きで気持ちいいらしい。
2006年1月。ついに補助無しに乗れました。それに伴い、チャイルドシートはお役ご免。
台湾からの包みを開梱すると中からこんなものが....。

そんなある日、台湾からこんな物が届いてました.....。

やはりこの自転車...手放せなくなりそうです......。

現在13.2kg > 目標 9.8kg




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »