« Makanan Indonesia - Kurma - | トップページ | IGTとトヨトミ HH-S23E »

2008年11月10日 (月)

IGTとUS-D&ユニセラ

前回の西湖でのキャンプではじめてIGTを使用しました。夫婦と子供1人の我が家にはIGTスタンダードサイズと両側スライドトップの組み合わせで十分でした。

ストーブフレームケース Sに入れたUS-Dはバッチリでした。鍋の水が沸騰するまで使っても脚部やボンベが熱くなることも無かったですし、IGTに装着した状態での着火・消火もスムーズでした。とろ火はバッチリです。

トヨトミ HH-S23Eで暖めた朝のランステ内部は12度くらいになっていたので、レギュラーカートリッジガスでも大きい鍋の水を沸騰させることができました。もっともHH-S23Eで沸騰させたほうが早いですが...。

なんといってもMamaが自由に使えるようになった効果が大きかったです。 ケロシンストーブの出番がなくなったのはちょっと寂しいです。

「ひょっこりーさん仕様」のユニセラビルトインフレームもはじめて使ってみました。ユニセラは手入れがめんどくさい印象があってしばらくお留守番が多かったのですが、今回はサテを焼くのに大活躍してくれました。やはり後かたづけはめんどくさかったですけど、子供が沢山食べてくれたので満足です。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

|

« Makanan Indonesia - Kurma - | トップページ | IGTとトヨトミ HH-S23E »

コメント

ITG・・・かなり完成度高いですね。
その時の料理でフレキシブに対応できる所もいいですが、その場で料理出来るから
会話にも参加できるし、暖かい焼き立てが食べるのが良いです。
前回新戸で、離れて炭起こしして肉を焼いてしましたが、あれは、色々な意味で良
くないですね。肉は冷めるし、会話にも入れないし、何よりも、肉焼係りは、焼け
るまで他の料理が食べれない・・・

色々工夫されているだけに、考えさせられますね。


ところで、サテはどんな味のタレで食すのでしょうか???


投稿: だ~く石井 | 2008年11月10日 (月) 16時59分

だ~くさんコメントありがとうございます。
ユニセラは4人くらいまでならいいですが、前回の人数ではやはりバーベQグリルとかじゃないとつらいですね。
以前ご紹介頂いたサイトではコールマンのバーベQグリルをIGTにビルトインされてましたね。あれだと大人数にも対応できそうですね。

サテはコリアンダー,シャロット,にんにく,ターメリック,タマリン,ココナッツシュガーなどでつくった汁に一晩漬け込んだ鶏肉を小さくちぎって串に刺して、焦げるほど焼いて、ピーナッツをすり潰したものとココナッツシュガーなどを混ぜたソースをかけて食べます。向こうではソースに唐辛子を入れることもあります。実はけっこう手が込んでます。

投稿: romo | 2008年11月10日 (月) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Makanan Indonesia - Kurma - | トップページ | IGTとトヨトミ HH-S23E »