« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月28日 (水)

装備簡素化計画開始

今回、内山牧場でのキャンプでは、装備の簡素化を試すのも目的のひとつでした。

このテーブルで調理と食事。軽いので外に出したり、中に入れたりも簡単です。
APEXⅡです。ほんとはケロシン用ジェネレーターへの交換が必要らしいんですが、そのまんま使ってます。火力調節も出来るし、音も静かです。
お気に入りのジャワから持ってきたバタフライです。今のところ調子いいです。光量の調節はできません。

1)「逆Vポールキット」を使用して、幕体をランステのみにする。
これは大成功。ランステ内にアメドのインナーを組むだけならアメドにペグを打つ必要もないので、
設営、撤収はかなり楽。一人で設営・撤収できるので、その間Mamaは他の作業をやっていられる。

2)キッチンテーブルを使わない。
ローセッティングにしたキャンプテーブルを調理と食事の両方に使いました。
今回、夜はナンとレトルトカレー、朝はトーストにジャムだったので、
それほど不自由は感じませんでした。

3)ツーバーナーを使わない。
UNIFLAMEの焚き火台でナンを焼き、Exponent APEXⅡでお湯を沸かしたり、
パンを焼いたりしました。Exponent APEXⅡはツーバーナーよりは火力が弱い
ですが、それほど不自由は感じませんでした。

4)ケロシンの火器類だけにする。
これは簡素化というよりも趣味みたいなもんですが.....。サイフの軽量化には役立ちます。
ランタンは2コのバタフライ、ストーブはExponent APEXⅡをケロシンでドライブ
しました。APEXⅡは火力調整もできるし、音もうるさくはないです。
プレヒートにはアルコールかジッポのオイルをつかうのが多少めんどうですが、
慣れればこれも楽しみの内。不自由は感じませんでした。


今回感じたのは、多少の不便よりも、むしろ1泊なのにかなり余裕があったことです。
荷物が少ないということは圧倒的にクルマへの積み降ろしが楽ですし、サイトのセッティングも
簡単です。
遠い昔、オートバイで林道野宿をやっていたころの感覚を少しちょっと思い出しました。

「1泊のキャンプは慌ただしい」と、なるべく2泊できる日程を選んできたのですが、
これなら1泊でも気軽に出かけられそうです。
次はRV-BOX800に入っているクッカーやお皿の簡素化にも着手したいです。

ただ、さらなる小型・軽量化の方向で物欲に走るとそれはそれで危険なものがありますが.....。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (0)

2008年5月25日 (日)

内山牧場キャンプ場 23-24 May.2008

Rei-kunの遠足の翌日でお休みになった金曜日、まえから気になっていた「山荘あらふね」
に付随している「内山牧場キャンプ場」へ行ってきました。
「山荘あらふね」までは約160kmの道のり。比較的近いのでウチとしてはスロースタートで、
朝7時ちょうどに出発しました。

途中、「三好PA」や「道の駅しもにた」に寄って、「山荘あらふね」に到着したのは
10時40分でした。実質走行時間は2時間40分くらいです。

Rei-kunが釣りをやってみたいというので、予め調べておいたのですが、
「山荘あらふね」には「あらふね湖」という湖(というよりは池)があって、
釣りが出来るとのこと。
しかし、受付のときに尋ねてみると、コイとニジマスの釣りはできるが、
貸し竿やエサは無いとのことでした。
てっきり借りられるものだと思って用意してきませんでした、残念。

「内山牧場キャンプ場」のサイトは野芝のフリーサイトです。
周囲はぐるっとマレットゴルフのコースになっていて、芝が刈り込まれています。
そのすこし内周が「クロスカントリーコース」(MTB?ランニング?)と書かれていて
やはり芝が刈り込まれていました。それらを避ければどこにテントを張っても良いそうです。
ただし、平らなところは少なく、トイレは1カ所、水場は2カ所なので、
利便性を求めると設営場所は限られるでしょう。

昨年の盛夏はランステMにコットだけという過ごし方をしたのですが、
Mamaは虫やへびなどが心配だというので、新製品のランドステーションインナールームを
検討したのですが、残念ながらコット3つは入りそうにないで断念。
* snow peak club で見かけた投稿を参考に作製した「逆Vポールキット」を使用して
アメドのインナーの設営を試してみました。

設営完了後、けっこう風が強くなって来たのですが、「逆Vポールキット」に不安感はありませんでした。
念のためポールの足がずれないようにVペグで固定しました。

ここが受付・売店・食堂です。
「逆Vポールキット」です。ポールを入れた後6角レンチで固定してます。
ポールは(70cm足)+(70cm中)+(70cm中)+(60cm中)と組み合わせてます。
見えにくいですが、ポールがずれないようにVペグを2本打ってます。
アメドのインナーを入れたところ。
横から見たところ。ほぼ半分のスペースを使ってます。
この写真はSPW朝霧で撮った、ランステMにランドステーション・インナールームをつるした状態です。使ってるスペースはほぼ同じくらいかなぁ。
なんか虫捕まえてます。
本日のサイト完成。インナーの左右にも物置スペースがあります。
ボクは恐竜だ~。
すこし風がでてきました。
天気はいいです。
Rei-kun曰く「くじらのおやまだ~」 午後からは風が強くなってきました。
サイト遠景
誰もいませんでした。
ひろいです。このあとさらに風が強くなり、心配だったのでフルクローズしてから散歩に行きました。

設営完了後はさきほど受付をした「山荘あらふね」の食堂・売店でソバとうどんを食べてから
「あらふね湖」の周囲を散策しました。ここのソバはうまかったです。
山桜、若葉、菜の花、タンポポなど、ここはまだ早春の趣です。(気温は27度でしたが...。)
サイトに戻ってナン作り。生地をのばす道具をわすれたので、こんなもんで代用してます。

日が傾いてからは風も凪いできました。夜は残念ながら雲が多くて星空は観られませんでした。
キャンプ場の夜は意外と遠くからのクルマの音やジェット機の音が気になることが多いですが、
ココ内山牧場ではホントにそういった人口音が一切せず、フクロウとカエルの鳴き声しか聞こえない夜を
過ごすことができました。寒くもなく(明け方でも12度ほど)Mamaも快適に眠れたようです。

昼食後の散歩
山桜が満開でした。
菜の花も見頃でした。
芽吹いたばかりの若葉。
あらふね湖
周囲にはバンガローが点在してます。
1周できる遊歩道があります。
芽吹いたばかりの木
白樺
美しい若葉
つりごっこ
丘の上の見晴台はコスモスの季節にはにぎわうそうです。
つりごっこ(調査不足でゴメン....。)
周遊歩道です。
1周しました。
サイトに戻ってナン作り。でも....。
ちょうどいい代用品がありました。
ナンの炭焼き

Rei-kunと二人で朝の散歩をして、トーストとインスタントスープで朝食をすませ、撤収です。

朝の散歩
14度ほどですが、寒く感じました。
コスモス畑
山ツツジまだつぼみ
朝のランステ
コールマンの電動ポンプにバキュームキットを付けて、おそうじ。
荒船の湯です。露天・サウナ・ジャグジーもあって500円です。
ここのこんにゃくみそおでんは絶品。食べ放題で200円!! 外観の写真を取り忘れました。店名もみてきませんでした。位置はN36 14 19 E138 41 24

金曜から土曜ということもあり、また、土曜の天気予報が「午後から雨」だったこともあって、
今回は終始貸し切り状態でした。

これまたウチとしては早めの10:30時撤収完了で「荒船の湯」やみそおでんが200円で食べ放題の土産物店や、
あまりにネギがうまかったので再度「道の駅しもにた」に寄ってのんびり帰りました。

今回はMamaにも「また来たい!」と云ってもらえた成功キャンプでした。(釣りが出来なかったことを除く。)


佐久市振興公社直営 公共の宿山荘あらふね 内山牧場キャンプ場
長野県佐久市大字内山352-1
0267-65-2021
位置 N36 14 19 E138 36 23

今回予約無しで行きました。貸し切りでした。
クルマ1台テント1張=3,675円でした。
IN13:00 OUT10:00 と書いてありましたが今回1040in,1030outでした。
発電機禁止、ゴミ持ち帰り、有料シャワー(200円) 
山荘あらふねで16:00までなら入浴可能だそうです。

また行きたい度:★★★★★


大きな地図で見る


お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (0)

2008年5月12日 (月)

Genderuwo - グンドゥルウォ - 妖怪

ワタシが Bandung にいたころ借りてた家は、外国人向け借家が多くある地区にありました。
角地で道に面していない2方のうち1方はバナナの木がある空き地なので、
背面しか隣家と接していませんでした。
庭にはアボガトとドリアンの木があり、裏の空き地にバナナの木があるので便利でした。

この家にも、夜誰もいないはずなのにギシギシと階段を昇るような音がしたり、
朝起きると閉めたはずの水道がちょろちょろ出ていたり、などの現象がありましたが、
その話はまたいずれ。

向かいはカナダ人夫婦。奥さんは結構美人なんですが、夫婦仲がすごーく悪くて、
ダンナは深夜まで飲んで帰ると、奥さんはもうヘベレケになってて、
11時-12時から大声で夫婦げんかが始まるって毎日!!
これはこれで怖いモノがあったのですが...。

ホントに怖かったのは、その隣。ウチからはナナメ向かいの借家のお手伝いのお兄ちゃんの話。

「ウチの家怖いんだ。」
(やっぱり出るの?)
「毎晩11時頃、ダイニングの奥に浮かんでるんだ。」
(どんなの?)
「1.5mくらいあるんだ。」
(えっ)
「Muka besar yang marah = 怒ったおっきな顔」

これはMamaによるとGenderuwo - グンドゥルウォ - という妖怪だそうです。

これ偶然写った Genderuwo - グンドゥルウォ - の写真だそうです。 (かなりうそっぽい。)

この話とは大分イメージが違うし....、単なるカカシにしか見えないし....。
Mamaはコレ見て「怖い」と言ってましたが....、どう?

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2008年5月 8日 (木)

こどもの日 5 May.2008

こどもの日

こどもの日なんでこどもサービス。
Rei-kun往復10kmの世田谷公園までのサイクリングに挑戦です。

おとなりのお兄ちゃんから16インチを頂いて、ご機嫌。
こんどはコースター式じゃなくて前後とも手のブレーキだからね!大人と同じだね。
16インチで初めてのサイクリングは世田谷公園までの往復です。
世田谷公園にはミニSLと本物のD51があるのでRei-kunお気に入り
途中の坂道では降りて押したりしたけど、無事に10kmの往復を走破しました。

今回は16インチでの初の遠乗りです。
早く行こうよ!
機関車のきっぷだよ。ミニSLは本日無料でした。
2回乗るからね!
新緑がきれいです。
なかなか精密に作ってあります。
2回目はMamaと...。
ミニSLの車庫で記念撮影。
公園内を走る走る。
デコボコなところを選んで走る。
あんまりスピードだすなよ...。
本日のコース。平均速度9.2km/hでした。遅っ。
本日第二のイベントは「ゴーオンジャー」
満面の笑顔です。
レッドもブルーもイエローもグリーンもブラックも全部いたよ!
本日はこの方も特別の衣装で...。

一休みしてから夕方は武蔵小山商店街へ....。
大好きな「ゴーオンジャー」のパレードです。
シャツも「ゴーオンジャー」に着替えて、準備OK
Rei-kun充実のこどもの日だったね...。

| | コメント (0)

2008年5月 7日 (水)

中津川でデイキャンプ 4 May.2008

GW後半はどこに行っても混んでるだろうとあきらめ気分、でも出かけないのも退屈なので
たまのばあちゃん孝行で、神奈川県愛甲郡にあるばあちゃんの姉の墓所へ行きました。

お参りの後は、河原バーベキュー&テントの水ぶきメンテナンスを予定して....。
朝07:30に東名用賀から入ってびっくり15km渋滞です。
川崎ICでOUTして、下道で愛甲郡愛川まで....。

途中、高田橋を渡り河原の様子を伺いますが、相当の混雑模様...
お参りの後は田代運動公園下へ向かいましたが、すでに設営の余地無し
川沿いに北上して河原へ降りられそうな場所を探しました。
3カ所目でようやくスペースを確保できそうな場所を見つけられました。
GW恐るべし....

ようやく見つけた河原で炭火焼きスタート。
ばあちゃんがつくってきたおにぎりを焼いてます。
めずらしく食用旺盛な小僧。
食後は、すぐ近くの「服部牧場」へ行ってきました。
こんなものや...。
こんなものが売ってました。
オートキャンプもできるようです。
うーん、安いのかなぁ...。
ここの名物はやっぱりコレ。
馬君のすぐ横にテントを張れます。いいような、わるいような。
草は長く、スタックしているクルマもありました。
しきりもなんにもありません。ここが本来テントサイトなのかもわかりません。

服部牧場へ寄ってみましたが、やはりGW。オートキャンプもできるようですが、
あまりの人出で牧場中が駐車場と化していました。
せっかく来たので、長蛇の列でしたが、アイスクリームは食べました。
ここのキャンプサイトは平常なときに来ないとなんとも評価はできないです。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »