« Indonesia レポ-1 バリ | トップページ | Indonesia レポ-3 ロザリ・カフェ・プランテーション »

2008年3月11日 (火)

Indonesia レポ-2 マグラン

2月18日 バリとジャワとでは時差があるので、
バリのンラライ空港を12:20発の飛行機は
ジョグジャカルタのアディスティプト空港に12:30到着です。
飛行時間約1時間10分。(わかる?時差1時間です。)

空港には義姉のご主人が来てくれていました。
ここからMamaのふるさとの街マグランまではクルマで1時間半ほどです。
Mamaの実家から徒歩10分ほどのキリスト教会がやってる宿泊施設に今日から3泊します。

翌19日はウォノソボという街にある温泉へ。
日本人の感覚からすると???でしたが、お湯は確かに温泉でした。

そして、次はいよいよRei-kunにとってのメインイベント、「アンバラワ鉄道博物館」です。
ところが、雨期のため土砂崩れ箇所があって、「蒸気機関車でアプト式鉄道を登る」はできません。
トロッコ列車も強風のため中止で、展示車両を見るだけとなってしまいました。

Magelang
Rei-kunのいとこたち。(一番小さいのはイトコの子)
Magelang
これが温泉施設の建物?!
Magelang
こんな単なるバスタブだけの部屋が10ていどあるだけです。露天や大浴場はありません。
Magelang
ウォノソボのレストランでサプライズ!
Magelang
Mamaの姉妹。このほかにあと2人。
Magelang
このレストランのおばあさん。90歳だそうです。噛みたばこで歯が黒い。。
Magelang
アンバラワ鉄道博物館
Magelang
博物館といっても廃線になった駅に機関車がおいてあるだけ。
Magelang
だいたい10数両おいてあります。状態は悪いです。
Magelang
それでもRei-kunは大喜び。機関士気分です。
Magelang
ここの目玉は動体保存されている機関車なんですが、今回はは断念。

20日はRei-kunには早々にMamaの実家へ行ってもらい、
大人だけでマグランの街をジャラン・ジャラン(散歩)です。

Magelang
翌日はベチャ(人力車)で街を。
Magelang
町中に分け入って。
Magelang
金物屋(アウトドア屋ではない)でコレを購入。約二千五百円也。インドネシアではランタンのことをペトロマックスといいます。
Magelang
いかにもアジアの街です。
Magelang
写真にはありませんが、ときおり馬車も見かけます。
Magelang
Mamaの実家の向かいはマーケット。
Magelang
店のおばさんたちとは顔なじみ。
Magelang
ランブータン。ちょうど旬です。
Magelang
このフルーツはなんだっけ?
Magelang
これはマンギス(マンゴスチン)かな?
Magelang
こっちの料理は欠かせません。
Magelang
お菓子です。Mamaは大好きなんだって。
Magelang
カメラをもって歩くとあっちこっちから撮って撮ってといわれます。
Magelang
肉屋さん。

Indonesia レポ-1 バリ
Indonesia レポ-3 ロザリ・カフェ・プランテーション

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

|

« Indonesia レポ-1 バリ | トップページ | Indonesia レポ-3 ロザリ・カフェ・プランテーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Indonesia レポ-1 バリ | トップページ | Indonesia レポ-3 ロザリ・カフェ・プランテーション »