« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

SPW朝霧2008

朝霧ジャンボリーのSPWへ行ってきました。昨年の9月末以来半年ぶりのキャンプとなりました。
都内はこのところ暖かく、「こりゃ楽勝」と思っていたのですが......
ところがどっこい朝霧は寒かった。
田貫湖ハーバルガーデンの富士山一望露天風呂はなかなか良かったです。

いきなりですが、設営後、田貫湖ハーバルガーデンのお風呂へ行きました。貸し切り状態だったので露天風呂からの富士山です。
こんどココでランチしよう!
サイトに戻って、物思うRei-kun
久々にすばらしい星空が見られました。
かなり上を向けたのでズームレンズが重さで動いたと思われます。
これはまあまあだけど....。
ぬーっん、なんだかなぁ?某B-papa氏にはまだ遠くおよびません。
Rei-kun作。1岩レフは重いよね...。
朝の森を探検。「動物がいるんだよ...。」「ホントー。」「うん、松ぼっくり。」「?」
今回はNサイトに設営しました。
リビシェル+フライ+アメドインナーです。
コレ見たかったんです。ランステMでも半分くらいのスペースは残ってます。フレームが無いので、小さくなりそうです。
今回から「ケロシン化」を推進しようかと...。
サンマは炭火で...。ツーバナーはお留守番です。でもMamaからは苦情が...。
Rei-kun作。手持ち、ストロボ無し...。むむ、コヤツなかななやるな。
Rei-kun作。もはやこの幼稚園児には1眼レフ+縦位置グリップ+赤線ズームの重量も敵ではないようです。

トヨトミ HH-S23Eも今回初めて使ってみました。
暖房としては良いのですが、火力が強すぎて(調節不能)、料理にはむきません。
朝、お皿をあらうためにクッカー大にいっぱいのお湯を沸かしたのですが、15分ほどで熱くなりました。

また行きたい度:★★★★★ WebPage

4回目 15-17 Sep. 2007 イベント広場
3回目 19-20 May.2007 Mサイト

2回目 23-25 Mar.2007 Mサイト
1回目 9-10 Sep.2006 I サイト




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (6)

2008年3月19日 (水)

Indonesia レポ-3 ロザリ・カフェ・プランテーション

21日には義叔父宅を訪ねた後、Losari Coffee Plantation Resort And Spa という宿へ移動。

片言の日本語が話せる叔父は、田舎で小作に田んぼや畑をやらせて、
ほとんど自給自足のような生活をしています。
「Before I'm teacher, now famer」と、ちょと寂しげに云ってました。

Losari Coffee Plantation Resort And Spa はMamaの実家からクルマで30分ほどなんですが、
Mamaがかねて行きたかった宿。ようやく念願かないました。

泊まったヴィラは斜面に建つ一見平屋の2階建て。 4部屋あってテラスが2カ所、シャワー3カ所。
Mamaちょっと贅沢すぎない...?

Losari Coffee Plantation
ジャワでも棚田は見られます。田植えの傍らで稲刈りしてたりします。
Losari Coffee Plantation
義叔父です。
Losari Coffee Plantation
ロザリ到着。今回泊まるヴィラです。ここのヴィラはすべて古民家を移築した物。
Losari Coffee Plantation
フロです。
Losari Coffee Plantation
下の階のテラスから。
Losari Coffee Plantation
Losari Coffee Plantation
クラブハウス。オランダ統治時代の建物を移築したものです。
Losari Coffee Plantation
レストラン。これも古いジャワの建築です。
Losari Coffee Plantation
プールからレストランを望む。プールは一段低いところにあります。
Losari Coffee Plantation
プール脇の回廊。ここで食事もできます。
Losari Coffee Plantation
プール脇の回廊。外から見たところ。
Losari Coffee Plantation
コーヒー農園への門。これもアンティーク。
Losari Coffee Plantation
レストランにて。ここの料理はホントに美味しかったです。
Losari Coffee Plantation
プールで遊ぶ幼稚園児
Losari Coffee Plantation
回廊からプールを望む。
Losari Coffee Plantation
ギフトショップ
Losari Coffee Plantation
ちょっと手ぶれしてます。
Losari Coffee Plantation
ジャムーおばさんがいて、その場で調合してくれます。無料。
Losari Coffee Plantation
クラブハウスでは毎日アフタヌーン・ティーが催されます。
Losari Coffee Plantation
調度品もすべてアンティーク。
Losari Coffee Plantation
バーの建物です。
Losari Coffee Plantation
クラブハウス内部
Losari Coffee Plantation
クラブハウス内部2
Losari Coffee Plantation
クラブハウス内部3
Losari Coffee Plantation
こんなのもいました。天然。
Losari Coffee Plantation
レストランにて。このあと寝ちまって、おんぶして部屋まで...。
Losari Coffee Plantation
食事は包んでもらって、部屋のテラスで...。
Losari Coffee Plantation
ベッド
Losari Coffee Plantation
リビングにて一同。
Losari Coffee Plantation
帰る日の朝、「ジャワ富士」スンビン山が顔を出しました。
Losari Coffee Plantation
ジャングルに朝霧。
Losari Coffee Plantation
コイツもカメラ小僧になるのかな?
Losari Coffee Plantation
Rei-kun作 「ぱぱ」
Losari Coffee Plantation
ヴィラのエントランス。噴水あります。
Losari Coffee Plantation
まだ未熟なコーヒー豆
Losari Coffee Plantation
空港にて、義姉と。
Losari Coffee Plantation
我々の乗る飛行機がジャカルタから到着しました。
Losari Coffee Plantation
飛ぶの?飛ぶよ...。

ロザリ・カフェ・プランテーションはその名のとおりホントにコーヒー農園です。
コーヒー農園の中に古民家を移築したヴィラが建っています。
ヴィラからクラブハウスやレストランまでは、そこそこ距離があるので、
毎日よく歩きます。朝はヨガのレッスンもあります。(無料)

チェックアウト後、実家でパッキング。そして、さよならです。
Rei-kunずいぶんインドネシア語覚えたね!インドネシアの歌も覚えたね!

Indonesia レポ-1 バリ
Indonesia レポ-2 マグラン

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

Indonesia レポ-2 マグラン

2月18日 バリとジャワとでは時差があるので、
バリのンラライ空港を12:20発の飛行機は
ジョグジャカルタのアディスティプト空港に12:30到着です。
飛行時間約1時間10分。(わかる?時差1時間です。)

空港には義姉のご主人が来てくれていました。
ここからMamaのふるさとの街マグランまではクルマで1時間半ほどです。
Mamaの実家から徒歩10分ほどのキリスト教会がやってる宿泊施設に今日から3泊します。

翌19日はウォノソボという街にある温泉へ。
日本人の感覚からすると???でしたが、お湯は確かに温泉でした。

そして、次はいよいよRei-kunにとってのメインイベント、「アンバラワ鉄道博物館」です。
ところが、雨期のため土砂崩れ箇所があって、「蒸気機関車でアプト式鉄道を登る」はできません。
トロッコ列車も強風のため中止で、展示車両を見るだけとなってしまいました。

Magelang
Rei-kunのいとこたち。(一番小さいのはイトコの子)
Magelang
これが温泉施設の建物?!
Magelang
こんな単なるバスタブだけの部屋が10ていどあるだけです。露天や大浴場はありません。
Magelang
ウォノソボのレストランでサプライズ!
Magelang
Mamaの姉妹。このほかにあと2人。
Magelang
このレストランのおばあさん。90歳だそうです。噛みたばこで歯が黒い。。
Magelang
アンバラワ鉄道博物館
Magelang
博物館といっても廃線になった駅に機関車がおいてあるだけ。
Magelang
だいたい10数両おいてあります。状態は悪いです。
Magelang
それでもRei-kunは大喜び。機関士気分です。
Magelang
ここの目玉は動体保存されている機関車なんですが、今回はは断念。

20日はRei-kunには早々にMamaの実家へ行ってもらい、
大人だけでマグランの街をジャラン・ジャラン(散歩)です。

Magelang
翌日はベチャ(人力車)で街を。
Magelang
町中に分け入って。
Magelang
金物屋(アウトドア屋ではない)でコレを購入。約二千五百円也。インドネシアではランタンのことをペトロマックスといいます。
Magelang
いかにもアジアの街です。
Magelang
写真にはありませんが、ときおり馬車も見かけます。
Magelang
Mamaの実家の向かいはマーケット。
Magelang
店のおばさんたちとは顔なじみ。
Magelang
ランブータン。ちょうど旬です。
Magelang
このフルーツはなんだっけ?
Magelang
これはマンギス(マンゴスチン)かな?
Magelang
こっちの料理は欠かせません。
Magelang
お菓子です。Mamaは大好きなんだって。
Magelang
カメラをもって歩くとあっちこっちから撮って撮ってといわれます。
Magelang
肉屋さん。

Indonesia レポ-1 バリ
Indonesia レポ-3 ロザリ・カフェ・プランテーション

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

Indonesia レポ-1 バリ

3月14日にばあちゃんといっしょに成田を出発して、バリ島へ。
空港でMamaとRei-kunと再会!ホテルの送迎でチャンディダサへ向かいます。
チャンディダサというエリアは、空港からやや遠いこともあって、
いわゆる「ツアー」に組み込まれるていることはほとんどありません。
日本人は滅多に訪れないひなびた田舎のビーチです。
それが気に入って、ウチは今回2度目の利用です。

前回も同じ2月だったのですが、オランダからご老人のグループが長期滞在していました。
今回も見知ったおばあさん、おじいさんが滞在中でした...。(ホントに毎年来てるんだなぁ。)
約2ヶ月間の御滞在だそうです。ウラヤマシ

翌15日はMama、Rei-kun、ばあちゃんが潜水艦にのる現地ツアーへ参加。
ワタシは一日のんびり。

16日はレンタカーを借りて観光へ
ブサキ寺院とキンタマニ高原へ行ってきました。

17日は終日ホテルでのんびり。

18日はここチャンディビーチをチェックアウトして、Mamaの故郷の街、中央ジャワのマグランへ移動します。

Indonesia レポ-2 マグラン
Indonesia レポ-3 ロザリ・カフェ・プランテーション

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »