« ムカマルー - Kuskus = Slowloris - | トップページ | ポンティ・アナック - Pontianak - 妖怪 »

2007年9月21日 (金)

スノーピーク ランドステーション 雨漏り

9月16日に朝霧ジャンボリーにて、朝9:30くらいから雨に見舞われました。
ときおり豪雨といえるほどの激しい降りもあり、
約3時間ほど経過したころ、「縛紐」部分(「トグル」というらしい。)各所
より水滴が落ちるのを発見しました。

ほぼ全箇所の「縛紐」から漏水しました。
漏水は約10秒ほどで1滴落ちるほどの早さでした。
気がついたのは雨が降り出してから約3時間ほど経過したころでしたが、
写真のように「縛紐」直下にあったコットにシミができていましたので、
もっと早くから漏水してものと思われます。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

|

« ムカマルー - Kuskus = Slowloris - | トップページ | ポンティ・アナック - Pontianak - 妖怪 »

コメント

Romoさん

こんばんは!なぬ~ それじゃ意味ないですよねぇ~!
3月の朝霧では一滴も漏れなかったリビングシェル・・・
ランステ・・??やはりコストとの関係?ですかね
しかし対応に少し驚いております。(悲)

投稿: りりパパ | 2007年9月21日 (金) 18時59分

不具合のあった製品を

・回収しない
・修理しない
・したがって修理後のテストもしない

ってのはメーカーとしてあり得ないと思うのですが....。
ユーザーに甘えすぎてると思います。
ユーザーは「お友だち」ではなく「信者」でもなく、
「お客様」なんですから...。

「回収しない」のですから「状態の検証」もなされない訳で、
「状態の検証」なくして改善はあり得ないですよね。
これを評して「製品への愛情がない」と申し上げました。

投稿: romo | 2007年9月22日 (土) 01時57分

雨により生地の外側の温度が急激に下がり、内側の温度と外の温度差による結露だと思います。
結露であれば、夏 雨が降っても雨漏りはしないはずですよ、

投稿: | 2010年10月29日 (金) 21時53分

結露とはおっしゃるように内側の温度と外の温度差によっておこるもので、
夏の日中、一部を開放したランドステーションでは内外の温度は同じなので
結露することはあり得ません。

その後のスノーピーク社とのやりとりで、トグルから漏水することを認め、
対策品と交換してもらいました。

現在は製法を改良しトグルからの漏水は解消したとのことです。

投稿: romo | 2010年11月 1日 (月) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムカマルー - Kuskus = Slowloris - | トップページ | ポンティ・アナック - Pontianak - 妖怪 »