« Indonesian Airlines | トップページ | ホテルの怪 心霊 Jakarta -夏なのでちょっと涼しい話の備忘録- »

2007年7月19日 (木)

チャドクガ (茶色の毒蛾)

「やまぼうし」で小学男児が腕がかゆいっていってたのですが、帰宅後少々はれて、医院へ行ったところ、診断は「チャドクガ」によるかぶれだそうです。

本人はケムシや蛾をいじってはいないと言ってましたが.....。

ウチでランステを乾そうとしたMamaも腕にも発疹が少々.....。かゆいって、かいちゃダメ!
案の定、幕体の中に蛾がいたそうです。速攻掃除機で吸っちゃたそうですが。

「チャドクガによるカブレの原因は、幼虫の毒針毛である。幼虫が繭を作るとき、毒針毛を繭に付け、成虫が羽化してくるときにまたこの毒針毛を付けて来るので、成虫でもカブレを起こす可能性はある。」

とのこと(こちらから)

チャドクガ@ウィキペディア(Wikipedia)

ツバキとかサザンカとかあったかなぁ?
ともあれ「やまぼうし」に限らず町中にもいる可能性はあるのでご注意下さい。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

|

« Indonesian Airlines | トップページ | ホテルの怪 心霊 Jakarta -夏なのでちょっと涼しい話の備忘録- »

コメント

初めまして!
『やまぼうし』の時は友人がお邪魔しまして有難うございました。
いろいろなキャンプに行かれているのですね。

春の朝霧も行ってらっしゃってますね。りり家も行きました。
雨・風・寒さでキャンプの醍醐味を感じた瞬間でした。

またキャンプ場でお会いしたら宜しくお願い致します。
チャドクガは平気でしたよ・・

投稿: りりぱぱ | 2007年8月 5日 (日) 06時42分

りりぱぱさんこんにちは。
朝霧はきつかったですねぇ。
でもウチは朝霧大好きです。また9月にも予定しています。
今回の戸隠での設営の時に、キッチンテーブルのバックの中にチャドクガの亡骸があって、かゆくなってしまったromoでした。

投稿: romo | 2007年8月 6日 (月) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Indonesian Airlines | トップページ | ホテルの怪 心霊 Jakarta -夏なのでちょっと涼しい話の備忘録- »