« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

ホテルの怪 心霊 Jakarta -夏なのでちょっと涼しい話の備忘録-

Indonesiaにいたころの話、たぶん92年ごろ。西ジャワ州のBandungを拠点にした私は、
仕事でJakartaへ行くときは、だいたいThamrinの古い巨大なホテルに泊まりました。。

いつもはBandungの旅行社で予約してから行くのですが、この日はその時間も無くて、
飛び込みで部屋を頼みました。午後6時ごろでした。

フロントで私ともう一人の日本人と2部屋頼んだのですが、なぜか3階と4階のキーを渡します。
「打ち合わせもあるし、行き来がめんどうだから同じ階にしてくれ」
と頼むと、フロントの人は奥に引っ込んだまま5~10分出てきません。
ようやく出てきて、結局3階の部屋のキーを2つもらいました。
「あるんじゃねえか!最初から出しゃいいのに」など、日本語で悪態をついて部屋に入りました。

ツインでまあまあの部屋でしたが、通り沿いなので、道を挟んで向かいのショッピング
センターから少々ざわめきが聞こえます。

たぶん夜9時くらいだったと思います。夕食はルームサービスで済ませ、
ビールを飲んでベッドでくつろいでいると、
つけていないテレビの方から何か違和感を感じます。

確かに向かいのショッピングセンターからざわめきやクルマの音も聞こえるのですが、
テレビの方から”ウー”っというような低い獣のうなり声のようなものが聞こえます。
最初は空耳かと思ったのですが、徐々にその音(声)ははっきりしてきます。
テレビをつけたり消したり、裏をのぞいたりしましたが、状況は変わりません。
テレビから出ている音ではありません。
テレビがある部分の空間から音がするというか、脳内に直接響いてくるような感じです。

不思議と怖くは無かったのですが、気持ち悪いというか、ココにいるな!
といわれているような気がして、
つれに事情を話して、彼の部屋も幸いツインルームだったのでそちらで寝ました。

翌朝、掃除に来たおばちゃんにこのことを話すと「あ、あの部屋、やっぱり。」
っとあっさり言われてしまいました。

その晩、興味があったので、部屋を変えずに、問題の部屋に寝ましたが、
残念ながらなにもおこりませんでした。
ただその晩の夢は、
「眼鏡をかけた知的な感じの現地人女性と、やはりインテリ風の現地人男性が
ジャングルの中で生き別れになり、女性だけが救出されて悲しんでいる。」
というミョーな夢でした。この部屋の”獣のうなり声”と何か関係があるかも知れませんが、
調べるすべもありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

チャドクガ (茶色の毒蛾)

「やまぼうし」で小学男児が腕がかゆいっていってたのですが、帰宅後少々はれて、医院へ行ったところ、診断は「チャドクガ」によるかぶれだそうです。

本人はケムシや蛾をいじってはいないと言ってましたが.....。

ウチでランステを乾そうとしたMamaも腕にも発疹が少々.....。かゆいって、かいちゃダメ!
案の定、幕体の中に蛾がいたそうです。速攻掃除機で吸っちゃたそうですが。

「チャドクガによるカブレの原因は、幼虫の毒針毛である。幼虫が繭を作るとき、毒針毛を繭に付け、成虫が羽化してくるときにまたこの毒針毛を付けて来るので、成虫でもカブレを起こす可能性はある。」

とのこと(こちらから)

チャドクガ@ウィキペディア(Wikipedia)

ツバキとかサザンカとかあったかなぁ?
ともあれ「やまぼうし」に限らず町中にもいる可能性はあるのでご注意下さい。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (2)

2007年7月18日 (水)

Indonesian Airlines

今年前半は正月早々のアダムエアの事故に始まり、インドネシアで航空事故が相次いでおります。
mamaの実家へ行くためには必ず利用するジョグジャカルタのアディスティプト空港でも
ガルーダがオーバーランしました。もともと滑走路が短いので、危ないとは言われいたのですが。

日本からも事故調査支援チームが派遣されたそうですし、EUではインドネシアの航空会社全社が
7月より安全対策が確立されるまでEU圏内飛行禁止になりました。
もちろんインドネシア政府は猛反発してますが....。

ついにウチでは「今年の里帰り中止」を決定しました。

とはいえ、いつまでも行かないわけにはいかず、来年2月ごろには行こうと思ってます。
早く安全対策が改善されることを希望するばかりです。

もちろん基幹路線では747や767,737が飛んでますが、地方ではまだこんなのが現役です。

プロペラ双発機大好きです。できればいつまでも飛んでいてほしいなぁ......。

欧州連合ニュース日本語版
当該の記事直リンクいずれ切れるでしょう

上記のEUのブラックリストはウチにとっても客観的な判断基準になります。
3ヶ月ごとに更新されるそうで、ガルーダやムルパティが一刻も早くこのブラックリストから
はずれてくれることを祈るばかりです。

でも日本政府はこんなふうに自国民保護のために他国の航空会社を名指しで unsafe carriers
って言い切るなんてできないんだろうなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

やまぼうし 15-16 Jul.2007

ウチは3棟建売の1軒なのですか、他の2軒のお宅もキャンプ大好き。
7月14~16の連休で、初めての3軒合同キャンプを企画しました。
が....。おいで下さった台風4号。

「こりゃダメだ」っと13日には早々に”16日デイキャンプのみ”っと計画変更しました。

ところが、15日の昼の時点で御殿場のライブカメラを見るとなんと雲の切れ間に青空が....。
「やまぼうし」へ電話すると、「もう日が差してきましたよ」とのこと。
急遽「決行」ということになりました。
都内15:30発なので「やまぼうし」着は17:00。すでに3組ほどの方が設営されていました。

場所によってはまだ湿っているところもありましたが、多くはほぼ乾いていました。
この水はけの良さにはビックリです。

設営、買い出しの後、20時すぎにようやく夕食。
JCMLY田さんに教えて頂いたケンタミックスを使って揚げたチキンは大好評でした。

今回はじめてコットで寝てみたのですが、快適快適!
ただアメニティドームだとコット3つ入れたらもうほとんど隙間がありません。
着替えバックなどはクルマに積みっぱなしとなりました。

翌16日は晴れの予報でしたが、昼前にポツポツきたので早めに撤収。
13:00には「やまぼうし」を出てお蕎麦やさん経由で16:30には帰宅しました。
おつかれさま!

今回の台風は東海・関東からは予想より南を通ったこと、勢力が弱まったこと、
中心より西側は雨が少なかったこと、
また、「やまぼうし」が川のそばや山中ではないこともあって、
台風がまさに東京にもっとも接近した時間に出発を決定しました。

子供達がどんなに楽しみにしていても、安全を最優先して中止することも必要です。
逆に台風でもあきらめずに情報を収集すればチャンスもあることを知りました。
(今回は御殿場のライブカメラの映像が決行の決めてになりました。)

P.S. 帰ってきてビックリ。「やまぼうし」では全く地震は感じませんでした。
ウチのmamaの実家は昨年のジャワ島中部地震のときも、merapi山の噴火のときも
避難一歩手前でした。(merapi山から約30kmに在住。)
結局避難はせずにすんだのですが、あのときはこちらも随分とヒヤヒヤしました。
そんなわけで、まさに被災された方々や、そのご親族、知人の方々のお気持ちをお察しいたします。
次回のキャンプは戸隠を予定していたのですが、状況によっては変更ですね。

また行きたい度:★★★★★ WebPage

1回目 2-3 Jun.2007




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

| | コメント (2)

スーリー ジェットバッグ

キャンプ道具が増えてくると積載に悩んでルーフキャリア・ボックスの装着を
検討されている方も多いのではないでしょうか?

今まで、レンジャー90を使っていたのですが、アルパイン780に換えました。

   → 

ZJチェロキーの純正ルーフバーの積載限度は68kg
このジェットバッグの自重は18kg
このジェットバッグの積載限度は50kg
18+50=68
まるでこのためにあるかのようなドンピタの数値!
50kgまでフルに積むことができます。

実際に積んでみたアルパイン780の積載内容は
 シュラフ コールマン1400&ピロー 2.5kg
 シュラフ コールマン1400&ピロー 2.5kg
 シュラフ コールマン School12 0.7kg
 ランドステーション (幕体のみ) 6.8kg
 オーソリティのコットを3コ 16.8kg
 コールマンの折畳シェルフ   4.0kg
 コールマンEasy Relax Chair 3.1kg
 コールマンEasy Relax Chair 3.1kg
 コールマンMini Captain Chair 1.5kg
 オーソリティのマット270x270 3.0kg
 テーブル/食器干し/折畳コンテナ 4.0kg
   合計 48kg

ちなみにレンジャー90なら
 シュラフ コールマン1400&ピロー 2.5kg
 シュラフ コールマン1400&ピロー 2.5kg
 シュラフ コールマン School12 0.7kg
 コールマンの折畳シェルフ   4.0kg
 コールマンEasy Relax Chair 3.1kg
 コールマンEasy Relax Chair 3.1kg
 オーソリティのマット270x270 3.0kg
   合計 18.9kg

その差
 ランドステーション (幕体のみ) 6.8kg
 オーソリティのコットを3コ 16.8kg
 コールマンMini Captain Chair 1.5kg
 テーブル/食器干し/折畳コンテナ 4.0kg

もちろんつけっぱなしにすれば微妙に燃費にも影響するんでしょうが、
御殿場の「やまぼうしキャンプ場」までの、往復約200kmで8km/Lでしたので、以前とほぼ同じです。
上りの高速の下りでは1X0km/h (seratus tigapuluh km/h) まで出てしまいましたが、気になるような風切り音はありませんでした。

しかし問題は高さ! 全高2100mmになっちまいました。
幸い会社のそばの駐車場は2100mmまでOKでしたが、
極近の商店街の駐車場(2000mmまで)には入れなくなりました。
....これからは自転車で行こう....。

<比較まとめ>
<スーリー レンジャー90 (110x80x40cm 340L)>
メリット
  脱着が簡単。
  丸めて家の中に収納できる。
  はずせばノーマル車高。
デメリット
  積載量が中途半端だった。(長さが微妙に足りなかった)
  開閉がめんどう。(ジッパー開閉の為、左右に登る必要あり)
  カラで走るとバタつく。
  つけっぱにできない。(見た目×、雨がたまる)
  家の中に収納するスペースが必要。

<スーリー アルパイン780 (196×79×42cm 470L)>
メリット
  つけっぱなしにできる。
  容量が大きい。
  開閉が簡単。
  荷物入れっぱなし。(家の中の収納スペース軽減)
デメリット
  両開きではないので奥の留め具が操作しくく脱着しにくい。
  つけっぱなら関係ないが、頻繁に脱着したいなら両開きのモデルのほうが
  がおすすめです。
  車高が2100mmになった。入れない駐車場が...。

総評
 つけっぱにできる環境・クルマならやはり大容量のプラスティック製バッグがおすすめ。
 ルーフレールやバーの耐荷重とバッグの自重、耐荷重に要注意。
 オートキャンプ用としては450L以上45kg以上の実積載量は確保したい。
 アルパイン780は左側のみ開くタイプだし、ダンパーではなくバネを使っている。留め具も蝶ねじ式です。
 予算がゆるせば両開きでダンパー式のモデルが一番おすすめです。




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 車ブログ 4WD車へ

| | コメント (3)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »